「DSPS」って知ってる?あなたの睡眠を脅かす怖い症状

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月期の新しい環境にやっと慣れ始めた頃、自分では緊張が解けたと思っていても、体はSOSのサインを出すことがあります。実はその疲れやストレスが出やすいのが、ちょうどゴールデンウィークの時期にあたります。

“睡眠相後退症候群(DSPS)”をご存じでしょうか? 睡眠リズムが乱れることで、朝の起床ができなくなる状態のことです。大型連休は思いっきり寝坊をしたという方は、連休が明ける前日にはいつもの起床時間に起きると、始業が楽になります。

今回は5月病の原因にもなる、睡眠の仕方についてご紹介します。

 

■体内時計の仕組み

朝日を浴びると進み、夜に光を浴びると遅れるというのが体内時計の性質です。寝坊が続き、朝の光を浴びないことで時間と体に距離ができ、朝眠く夜に目が冴えるという現象が起きてしまいます。

連休で時間の制限なく眠ってしまうことで、夜型の生活に慣れてしまうと、睡眠リズムの乱れから5月病を引き起こしてしまう可能性があります。

会社に行きたいのに起きられないという状況とともに、うつの症状が現れ始めたら心療内科を訪れる必要もありますが、まず睡眠外来を受診してみてもよいかもしれません。

 

■22時以降はコンビニに15分以上立ち入らない

一般家庭の明るさが500ルクスだとすると、コンビニは2,000ルスクもの明るさがあり、15分の滞在でも体内時計に悪影響があります。

なんとなく雑誌を立ち読みしたり、漫画を開いたりなど目的もなくコンビニに立ち寄ることが、起床の時間を狂わせる原因にもなってしまうのです。

 

■ベッドのまわりにスクリーンを置かない

布団に入ったら休むものと体に覚えさせる工夫をしてみてください。パソコンやテレビなどの画面があると、横になっていてもいつまでも見続けてしまい、熟睡の妨げになります。

間接照明を置いて心身をリラックスさせるなど、自分なりに入眠の準備をしてみてください。起床も驚くほど楽になるはずです。

 

いかがでしたか? つい寝坊してしまいがちな連休ですが、その睡眠リズムをひきずってしまうことが5月病の原因のひとつです。気持ちの良い朝を迎えて元気に過ごしてくださいね。

 

【関連記事】

簡単にできる!知っておくべき効果的な「二度寝」のコツ

これで起床が楽になる!タイプ別「良質な睡眠のコツ」4つ

カフェイン抜きで劇的に身体が目覚めるドリンクレシピ4つ

これで眠気が軽く吹き飛ぶ!疲れをリセットするコツ3つ

※ これで心が楽になる!タイプ別「ストレス発散法」6つ