美味しくヘルシー!プロが教える、絶対失敗しない豆乳ホワイトソースの作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロッケやグラタン、クリームパスタやホワイトシチューなど……。レストランなどで人気の料理メニューには、ホワイトソースはかかせません!

レンジで作るレシピなど数々の作り方があるホワイトソースですが、粉臭かったりダマになったりするという声をよく聞きます。それにちょっとダイエットには不向きかもと心配な方に必見のレシピですよ〜☆

 

さて、今日は豆乳を使って、グラタン用のホワイトソースの作り方を伝授! これはグラタン用ですが、コロッケ用は小麦粉とバターを各100~120gで調整するだけで大丈夫です。

 

【材料】

小麦粉 60g

バター 60g

調整豆乳 1リットル

ナツメッグ 適量

塩8g

白こしょう 少々

 

【作り方】

1. まず、豆乳を温めておきます。沸騰直前まで!

2. 鍋にバターを入れ、中火にかけて色づかないように溶かします。(バターのカロリーが気になる方は、カロリーハーフマーガリンでOKです。ただ、バターのほうが豆乳独特の風味が抑えられ、更に美味しくなります)熱した鍋の中にバターを入れると焦げやすいので、鍋を火にかける前にバターを入れてくださいネ!

3. バターが溶けたら鍋を火から離し、ふるった小麦粉を一気に入れ、弱火で炒めます。小麦粉を入れる時は、火から離して入れた方がダマが出来にくくなりますよ! 小麦粉は水気がなくなるまでゆっくりと炒めると粉くささが消えます。

 

4. どろりとした状態からぼそっと沸き立つようになります。

5. さらに炒め続けて、粘りがなくなり、さらっと流れるような状態にします。ルーの状態は、どろどろ→ぼそぼそ→さらさら、と変化します。ここまで炒めるとのりのような粘りがなくなり、口どけのよいソースになります!

6. 鍋ごと冷水につけてあら熱を取り、温めておいた豆乳を一度に加えます! なぜ豆乳を温めるかというとルウの粗熱をとらずに温めた豆乳を加えると鍋の中で激しく沸騰してダマができてしまう為、なめらかにならないのです!

ルウが熱い状態の時は、冷たい豆乳を少しづつ加えルウの温度を下げていくという方法もありますが、もう1度火にかけソースにトロミをつけるのに時間がかかります。粗熱をとって熱い豆乳を加えた方がソースのトロミがすぐついて早く作れるので、効率が良いのです。

 

7. 中火にかけ、ダマができないように木ベラで鍋底をこすって、まずルーをはがしてから、泡立て器に持ちかえてよく混ぜ合わせます。ただ、私はいつもバーミックスを使います。もしご家庭にあったら、楽だし、より一層なめらかになりますよ!

8. コロッケ用のソースの場合(濃度がけっこうある場合)、ソースのトロミは、いきなりつくので手早く混ぜなければいけませんが、今日のようなグラタン用の時は、ソースのトロミがつきはじめるのにコロッケ用に比べ時間が長くかかります。ソースを再び煮るのは、豆乳臭さをとばすことと、ツヤを出すため!

9. 塩、こしょう、ナツメッグで味をととのえ、完成です!

 

以上が失敗なし☆の豆乳ホワイトソースの作り方です! ちょっとしたことだけど、そのちょっとしたコツで いつもの料理がうんと美味しく、ヘルシーになるので是非お試し下さいませ!

次回はこちらのホワイトソースを使った、『美肌の為のプルプルトロトログラタン』をご紹介させていただきます。どうぞお楽しみに!