辛いだけじゃない!メキシコ料理に隠された驚くべき痩身効果とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、ラテンアメリカと聞くと、皆さんはどんなことを思い浮かべますか? 「とにかく陽気そう」とか、そんなイメージを持っている方が多いと思いますが、実は美人が多い地域としても有名。

黒髪に日焼けした健康的なメリハリボディに、ラテン系特有のはっきりした顔立ち……。近年、日本でもラテン系ハーフなどのモデルが活躍していますが、とにかくその芸術的とも言える彫刻のような美しさは、世界各国から絶賛されています。

特にラテンアメリカでは、国名が“C”で始まる、コスタリカ・コロンビア・チリのいわゆる“3C”が美人の国と称されていますが、同じラテンアメリカに位置するメキシコには、美人を作るスパイスやハーブが存在しています。

そこで今回は、ラテンアメリカの中では比較的日本人にもなじみがある、メキシコ料理の美容健康効果についてご紹介します。

 

■燃焼美ボディをつくるメキシコの食べ物

メキシコ料理で代表的なものとしては、タコスが有名ですよね(余談ですが、日本で人気のタコライスはメキシコ発ではなく、沖縄料理です)。

メキシコが先住民の時代から料理に用いているのが、とうがらし。ハバネロやタバスコ、ハラペーニョなど、日本でもよく見かけるものもありますが、メキシコではサルサソースと呼ばれるトマト味のスパイシーなソースに用いて、タコスをはじめ、様々な料理に応用するのが一般的。その家庭ごとに独自の味わいのサルサソースが、何種類も常備されているようです。

そんな辛い食べ物を毎日食べていることで、代謝がアップし、デトックス効果やひいてはダイエット効果も得られていると考えられます。

牛肉や鶏肉料理など、肉食文化のあるメキシコ人がグラマラスな美ボディを保てるのは、美ボディ作りに欠かせないたんぱく質が豊富な肉類と同時に、とうがらしをたくさん摂取しているからなのかもしれません。

「メキシコ料理は辛そう」「とうがらしは苦手」と避けてきた方も、とうがらしの辛さには段階があり、辛過ぎないものもありますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

■メキシコ人の定番は“ハーブティー”

意外かもしれませんが、メキシコではハーブティーが主流の飲み物。古くから、薬やおまじないとして使われてきたこともあり、メキシコでは緑茶や紅茶よりも、ハーブティーが身近なのだとか。

そんなハーブの中でも、今サプリメント業界でもジワジワと注目を集めているのが、“チアシード(CHIA)”と呼ばれる、メキシコで栽培されているサルビア科のハーブの一種です。

注目のオメガ3脂肪酸を多く含有しており、健康維持やアンチエイジングに効果的! また、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、健康と美容に必要な基礎的な栄養素を摂ることができる、まさにパーフェクトな素材なのです。

そして、水を加えると水を抱えこんでジェル状になる性質があるため、水分とともに摂取すると満腹感がアップするのもポイント。サプリ先進国のアメリカも、このハーブを“今後注目を集めそうなダイエット素材”として期待を寄せています。

 

むくみとは一切縁がなさそうな、ラテン系美女のメリハリボディ。それには、燃焼+デトックス効果が効率的に得られる、日々の食生活が少なからず関係していそうです。

意外と知っていたようで知らなかった、メキシコ料理とその効果。皆さんも夏に向けて、メキシコ美人の健康的なメリハリボディを目指してみてはいかがでしょうか?

 

【世界の美容食特集】

顔のたるみ・シワも解消!納豆のスゴすぎる「ネバネバ力」

人気タレントが31kgも痩せた「スゴすぎる食べ物」とは?

世界の旅行者が選ぶ!「料理がめっちゃ美味な国」トップ10

※ あなたの「女性ホルモン」をドバドバ分泌させる5つの食材

※ 老化予防もOK!バナナに隠されたスゴすぎる健康効果まとめ