旅のお土産に最適!フランスで絶対買うべきプチプラ優秀コスメ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月も中旬に入り、ゴールデンウィークを楽しみに毎日がんばっている方も多いのではないでしょうか。長期休暇には、海外旅行に行かれる方もいるでしょう。

今回は、人気観光地の中からフランスをピックアップし、フランス旅行に行ったらぜひ買いたいプチプラコスメを、4つご紹介したいと思います。

 

■1:ロバのミルククリーム

『美レンジャー』の過去記事「これは知らなかった…ロバのミルクに驚くべき秘密を発見」でも紹介されているように、ロバのミルクには、ニキビや肌荒れを防いだり、ハリ・弾力のあるしっとり肌に整えてくれる効果などが期待できます。

ロバのミルクは搾乳量が少なく貴重なので、高価なクリームが多いのが実情。でもフランスでは、スーパーで手ごろな値段で販売されているのです。

フランスに行ったら、『MONOPRIX(モノプリ)』というスーパーは要チェック。そこで買えるロバのミルクのクリーム『So Bio Etic Mon Lait d’Anesse』は、なんと50mlで13.34ユーロ! しかも、99%が天然由来成分です。

このクリームは、保湿力が高く、乾燥で悩む方にぴったり。ロバのミルクと聞くと、馴染みがなくて試しづらいかもしれませんが、約13ユーロなら手が出しやすいのではないでしょうか。

 

■2:『モノプリ・ビオ』シリーズ

先ほどご紹介したスーパー『MONOPRIX(モノプリ)』。ここでは『モノプリ・ビオ』というオリジナル・オーガニックコスメを販売しています。クレンジングや洗顔、スクラブ洗顔、化粧水、日中用乳液、夜用乳液など、アイテムがしっかり揃っています。

お値段は、約4ユーロから7ユーロと、かなりのプチプライス! これならたくさんの友人にお土産を買えそうですよね。

リーズナブルですが、しっかりメイクや汚れを落とせますし、保湿力も十分。中でも、『Soin contour des yeux(目元ケア)』は保湿力もあり、目元クリームにしては激安の約6ユーロなのでおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

 

■3:キリンの絵のアーモンドオイル

『Huile d’Amande Douce』というアーモンドオイルは、キリンの絵が描かれたかわいいボトルに入っています。

アーモンドオイルは、目元や口元、ひざ、ひじ、かかとなどの乾燥がとくに気になる部分の保湿におすすめ。アロマオイルを加えてアロママッサージにも使えるので、1つあると便利です。

このアーモンドオイルは、パリの薬局で取扱いがあり、価格は7ユーロ程度とリーズナブルです。ベビー用のオイルなので、肌が弱い方も安心して使えます。

 

■4:ローズウォーター

 『Eau Aromatisée de Rose (ローズウォーター)』もパリの薬局で購入できるアイテム。おしゃれなワインボトルのような瓶に入っています。

多くの女性が好むローズの香りで、使うたびに癒されます。さっぱりした使用感ですが、肌はしっとり。ミストに詰め替えれば、ヘアトリートメントや制汗剤のようにも使えます。

お値段は約5ユーロ! 惜しみなく使える化粧水として、いくつかまとめ買いもアリですね。

 

フランスに行ったら買うべきプチプラコスメを4つご紹介しました。フランスに行くとフランス語表記ばかりで、化粧品は選びづらいかもしれませんが、今回ご紹介したものを参考に、日本には売っていない良質なプチプラコスメをぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】 

ハワイのディズニーリゾートが女子に大ウケする理由とは?【前編】

 ハワイのディズニーリゾートが女子に大ウケする理由とは?【後編】

「夏のロンドン」旅行前に知っておかないとヤバイこと4つ

晴れを求める旅行はいかが?雨の少ない人気スポット8つ

※ 学校に通わなくても「英語が話せるようになる」コツ4つ