絶望的にダサい彼のファッションを「変える」黄金テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「え!? 今日一緒に歩くのによりによってその格好で来ちゃったんだ……。」間違っても口に出せない本音、せっかくお洒落をしてきたのに、デートの楽しみが半減してしまう瞬間でもあります。

美意識の高い女性に比べ、制服のようにスーツを着慣れている男性に多いのが、普段着に気をつかっているつもりでもどこか垢抜けない印象になってしまう人です。

今回は男性も必見! 失敗しないメンズファッションのコツとその勧め方をご紹介します。

 

■白黒のグラデーション理論

白 → 灰色 → 黒。黒の濃さが何パーセントかによって、グレーからブラックまで色味が変わるのはわかりますよね? 実はこの3色の組み合わせなら、コーディネートに失敗しない確率がグッと上がります。

3色といってもグレーは白黒の中間色、つまりこの3色はグラデーションになっているので、どの色を組み合わせても違和感なく仕上がるのです。

当面色柄ものは避け、彼のワードロープをこの3色無地で統一してみましょう。シンプルなものが安価で手に入る、ユニクロなどを活用するのもおすすめです。

このコーディネートの良いところは、組み合わせに失敗がないことだけではなく、横にいる女性がドレスアップしてもカジュアルでも、ふたりが並んだときにしっくりくることです。

 

■本人の相場観と価値観をおさえる

「プラダのシャツが最高だから!」とプレゼントされたとしても、普段着慣れていないブランドものを身に着けるのは窮屈で気後れするものです。ファッションに興味がない人にとっては、10万円のシルクシャツよりも3千円のコットンシャツのほうが、実用的で安心感がもてるのが本音でしょう。

意中の男性がどんなファッションなら身に着けてくれるか、よく観察してそのセンスを全否定しないようにするのがコツです。許容範囲内のジーンズなどがあれば、それを活かせるトップスを提案してみましょう。

逆にお洒落すぎてインパクトのある服装をやめてほしかったら、さきほどの”白黒グラデーション理論”を説明してあげてみましょう。

シンプルが一番お洒落だよね、と言ってあげれば、きっと徐々に過度な格好を控えてくれるようになりますよ。

 

いかがでしたか? 出会いの多いこの季節、第一印象を良くしたいのは男女共に同じ思いですよね。男性のプライドを傷つけないように、上手に勧めてみてあげてくださいね。

 

【ファッション特集】

お手軽なのにオシャレ!ストールなどの小物をうまく使うテク

※ 男性に嫌われやすい服でも「絶対モテる」着こなし方4つ

※ 超簡単!着るだけで痩せて見えるファッション5つのテク

※ 痛い!自分に自信がない女性にありがちなファッション5つ

※ 着太りはもう嫌!ダウンコートでナイスバディに見せる方法