悪夢!加齢臭は恥ずかしいところからも発生してしまう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かくなるにつれて、浮上してくるのが“体臭についてのお悩み”です。一般的に、“加齢臭=中年男性のもの”というイメージが強いですよね。しかし、『美レンジャー』の過去記事「驚くべきことにオス化女子は加齢臭が出やすいことが明らかに」では、加齢臭は女性にもある、という衝撃の事実をお伝えしました。

今回は、そんな加齢臭が出やすい驚くべき箇所と、対策についてお伝えします。

 

■加齢臭ってどんな臭いなの?

よく耳にするのが「タクシーに乗ったら、もわ~んと鼻を突くような臭いがした」というもの。一言で加齢臭といってもその臭いは様々で、これは皮脂の臭いと考えられます。他には、酢、青チーズ、タンスで眠っていた洋服、おばあちゃんのような匂いが挙げられます。

そして、これらの臭いの元となるのが、ノネナールという物質。皮脂腺から出る脂肪酸の酸化や、表皮のバクテリアが発酵して発生するのです。

 

■デリケートゾーンは別名“加齢陰部臭”

加齢臭が発生しやすい代表的な箇所は、以下の通りです。

・頭皮

・耳の後ろ

・首回り

・背中

・胸元(胸の間)

・ワキ下

・小鼻の横

・おへそ、下腹部周辺

上記だけに留まらず、さらに恐ろしいのがノネナールが発生する皮脂腺が“デリケートゾーンにもある”ということ。皮脂量も多く、ムレやすい場所でもあることから、強い加齢臭を発する可能性が高くなります。

男性以上に“香り”に敏感な女性にとって、胸元やワキ、デリケートゾーンといった箇所からの嫌な臭いは、最も避けたいもの。早速対策を見ていきましょう。

 

■添加物はNG! 食事は“肉より魚”の和食中心を

加齢臭の元ノネナールを抑えるには、脂質を酸化させない“抗酸化作用のある食べ物”を摂ることが重要です。

添加物の多いコンビニ弁当やインスタントラーメン、ジャンクフード、ポテトチップスやマーガリンなどトランス脂肪酸が多く含まれているものは避けましょう。臭いを強めるだけでなく、体をサビさせ、老化を早める原因にもなります。

和食中心に切り替え、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンEを含む食材を摂取しましょう。

<野菜>

・小松菜、ピーマン、ほうれん草、ニラ、春菊、トマト、パセリ、しそ、かぼちゃ、さつまいも、アスパラガス

<果物>

・オレンジ、グレープフルーツ、ミカン、レモン、イチゴ、キウイ、柿、アセロラ、ブルーベリー

 

■小まめに拭き取るのも有効

耳後ろ、首周り、背中など「ちょっと汗ばんだかな?」と思ったら、デオドラントシートなどで小まめに拭き取るのも効果的です。

気になるデリケートゾーンは、デリケートゾーン専用のシートも出ていますが、赤ちゃんのお尻拭きでも代用できます。お肌にも優しく、使用後はトイレに洗い流してOKというのも嬉しいポイントですね。

 

内側×外側からのケアで、加齢臭を吹き飛ばしましょう!

 

【デリケートゾーン特集】

油断するとヤバイ「アソコの黒ずみ」を食い止める方法4つ

※ 毛がボーボー!世界がドン引きする日本人女性のアソコ事情

※ ナプキン選びで大違い!? 意外と知らない生理時の肌悩み実態

※ ひた隠しにされていた「アソコの臭い」実態が解明される

※ 実はアノ毛が非常識!? 知らなかった!世界のムダ毛事情