間違えると超痛い「春の流行ファッション」NGポイント3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目まぐるしく変わるファッションの流行。ファッション誌を開けば、色鮮やかなページに心が躍りそうになりますね。しかし、この春の流行アイテムの中には、一歩間違えると「ヤバい……」と思われてしまいかねない難しいアイテムも。

今回は、間違えると危険な春のNGファッションをご紹介します。

 

■1:ベースボールキャップ

ベースボールキャップこと野球帽も、この春の注目トレンドですね。帽子屋さんやスポーツショップのみならず、女性ブランドでもベースボールキャップが展開されるなど、人気の高さがうかがえます。

キャップのみならず、もう一つのポイントが“被り方”も含めて流行っているということ。気になる被り方ですが「つばを少し上向きに、頭に軽く乗せる感じで被る」のだそう。

これはオシャレに見えるか、または「帽子が浮いている!?」状態になるか、非常に難しいところでもあります。『美レンジャー』過去記事「トレンドのキャップを超おしゃれに着こなすポイント5つ」を参考にしてみてくださいね。

 

■2:花柄パンツ

目にしない日がない、といっても過言ではないほど人気の花柄パンツ。色・花柄のバリエーションも様々なので、普段は柄モノのパンツは履かないという方でも、狙っている方もいるのではないでしょうか。

この花柄パンツ、男性の中には「おばちゃんぽっい」「モンペみたい」と残念に感じてしまう人もいるようです。また定番の黒パンツに比べて、白やパステルカラーのパンツは膨張して見えてしまうのも事実。

花柄パンツを履きこなすには、“色と柄が自分の体形に合っているか”“どんな印象に見せたいか”が大切です。

細く見せたいのなら薄い色よりも断然、濃い色を選びましょう。派手になり過ぎるのが不安という方は、淡い色がおススメです。浴衣の柄選びと同じで、身長が低い人は小花柄を、背が高い人は大花柄を選ぶとスタイルアップして見えます。

 

■3:全身パステルカラー

流行のパステルカラーも前述の通り、膨張して見えてしまうカラーです。そこへパステル×パステルの全身膨張色では、自ら着太りさせているのと同じ。

パステルカラーを取り入れる際は、“上下どちらかに持ってくる”“カーキーなどの締め色と組み合わせる”などして、着やせポイントを投入しましょう。

 

いかがでしたか? 流行のファッションも、あなたを輝かせて見せてくれるものでなければ、何の意味がありません。お気に入りの一着を探してみてくださいね。

 

【関連記事】

 これだけはNG!男が嫌う「痛い女の若作り」ファッション8つ

※ 革やニットはNG!雨の日に着ちゃダメなファッション8つ

※ 着ちゃダメ!ストレスが倍増する「NGファッション」7つ

※ せっかくの「巨乳が台無しになる」NGファッション4つ