こんな人は要注意!春にどんどん老けこむ人のNG習慣4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春は紫外線が増加し、肌にとって負担の多い季節。くわえて寒暖の差が激しく、身体の不調を引き起こすことも。身体の変化や肌の老け感を感じるのも春が一番多いようです。周りの人に「どっと老けこんだな~」と思われないために、春先のケアが見た目年齢の分かれ目といっても過言ではありません。

以下のようなどんどん老けさせるNG習慣、あなたもしていないかチェックしてみましょう。

 

■1:生活が不規則

“春眠、暁を覚えず”と古くからいうものの、睡眠の質はどうでしょうか。現代では異動や転勤、新入社員など新しい環境からストレスで睡眠の質が低下しやすく、不眠症などの睡眠障害も起こりやすくなることもあるようです。

昼夜逆転生活では、メラトニンや成長ホルモンといったホルモン分泌が上手くいかなくなり、老けやすいサイクルに陥ってしまいます。成長ホルモンは皮膚のターンオーバーにも大きく影響するので、アンチエイジングには欠かせないホルモン。深い睡眠時に分泌されるので、眠りが浅い人や朝方になってから眠る人は早く老ける危険性も。

眠りを深くするには、以下の点に気をつけてみてください。

(1)夜カフェインを摂らない

(2)朝日を浴びてメラトニンを正常に分泌させる

(3)メールチェックは寝付く3時間前までに

(4)昼間、活発に活動する

 

■2:肌の保湿ケアが不十分 

乾燥はシワやシミ、吹き出物、たるみなどさまざま肌トラブルの原因。紫外線が一気に増える春は肌の水分が奪われがちで、自覚症状がなくても乾燥が深刻化している人が多いんです。

放っておくと化粧ノリが悪くなったり、バリア機能が低下してアレルギーや花粉で肌がかゆくなってしまったり、肌力が落ちて、老け感が増大!

というわけで春先の乾燥対策は冬場同様必須ですが、油分の多いクリーム類をたくさん使えばよいというのではなく、水分とのバランスを考えて保湿していくことがポイントです。どんなケアをしても乾燥がおさまらないという人は、肌の水分不足の人がほとんど。

水分保持力の高さでいえば、コラーゲンやヒアルロン酸ですが、もうひとつ最新成分として注目されているのが、天然由来成分のプロテオグリカン。なんとヒアルロン酸の約130%という保湿力があって、近年抽出方法が確立されたという貴重な成分。

原液で取り入れる場合でも、普段のケアに一滴プラスするだけで、さらっとしているのに肌の奥の保湿感が全然違ってくるのが分かると思います。さらにプロテオグリカンは潤いや弾力によって、肌のターンオーバーを正常に整える作用もあり、エイジングケア対策にももってこいです。

春ケアでは油分が多すぎると、メイクが崩れやすくなってしまうので、保水力の高い美容液などを取り入れるようにしましょう。

 

■3:外食・コンビニ食が多い

寝不足やストレスなどでもっとも影響を受けるのが腸。“美腸”はインナーケアでも、もっとも重要視されるべきところです。

腸内環境を整えることで、太りにくい身体や美肌、健全なメンタルを維持することができます。逆に腸を整えなければ、どんなに高価なサプリや化粧品も吸収されずに無意味になってしまいます。

腸によい食事とはバランスのとれた食事。現代生活では野菜や発酵食品が不足しがちなので、積極的に摂るようにしましょう。ただし、サラダや野菜ジュースではあまり効果がないかも。ドレッシングをかけたり、塩分や保存料など添加物が身体の負担になる場合もあります。

また、化学物質が多いコンビニのお弁当は、普通の食事よりも肝臓を酷使してしまうので、その結果として早く老けてしまう恐れもあるんです。もちろん、タバコやお酒の量が多いのもNGです。

 

■4:ホルモンバランスが崩れている

年を重ねると、夜遊びや時差ボケのリカバリーが遅くなってきたと感じますが、リカバリーの遅さは日々の生活スタイルの問題からで、女性には欠かせないホルモンバランスが崩れているのが一因です。

ホルモンバランスが崩れると、肌や髪のトラブルが増え、またウエスト周りにくびれがなくなり、バストが垂れてしまったりと、一気に老け感が漂ってしまいます。

原因はさまざま理由がありますが、春は仕事の多忙さや気温差、睡眠不足、乳製品の摂り過ぎなど食生活の乱れなどがあげられます。特に冷えとホルモンバランスは密接に関係していますから、この時期こそ冷え対策が重要といえます。

春ファッションの薄手で丈の短いスカートなど、夜にはちょっと肌寒いですよね。そんな時にハイヒールを履き続けると、足の血行が悪くなってむくみや冷えの原因になります。着太りしないインナーで完全防御し、ストールや羽織り物は暖かい素材を選び、カラーや柄で春らしさを取り入れましょう。

 

春は何に関しても積極的になれる時期。でも肌や体調が悪化していたら、せっかくの季節が台無しになってしまいますね。無理をせず、充実した春を過ごすことができれば、夏前には気持ちも見た目もパワーアップしてくるに違いありません!

 

【老化対策シリーズ】 

※ これは恐ろしい!絶対に避けたい「女性の薄毛」が急増中

※ スマホ操作も老化の原因!? 恐ろしい「首のシワ」対策5つ

アラフォー女性の敵!4.7歳も老けちゃう「クマ」撃退法6つ

男が「おばさんだな」と感じてゾッとした女の部分7つ

これだけはNG!男が嫌う「痛い女の若作り」ファッション8つ

 

【参考】

高濃度プロテオグリカン原液 PG2 ピュアエッセンス