ただ食べ方を変えるだけ!ストレスなく痩せる魔法のコツ6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度が始まったこの時期、気候も暖かくなり、オシャレを楽しみたくなりますよね。でも、冬に溜め込んだ脂肪を今のうちにスッキリさせておかないと、薄着シーズンに間に合いません。

とはいえ、新しいことに対応しなければいけない春は、何かとストレスや疲労も溜まりがち。ダイエットしようと思っても、なかなか難しいのが現実です。そこで、誰でも簡単にできる、食べ方を変えるだけでヤセ体質になれる方法をご紹介します。

 

■太りがちな人のNG食生活チェック

「少食な方なのに、なぜか太ってしまう」「運動してもなかなか痩せない」そんな悩みがある方は、こんな食生活をしていませんか?

・食事の時間はいつもバラバラで不規則

・いつも満腹まで食べる

・食事の時間は30分以内

・魚より肉派

・22時以降に食事することがある

・おやつは毎日食べている

・夕食時は必ずお酒を飲む

心当たりのある方は、食べ方を変える習慣をつけるように工夫することで、グッとヤセ体質に近づけるハズです。

 

■ヤセ体質になる食生活

(1)食事はなるべく決まった時間に3食摂る

食事の時間が不規則だと、「次はいつ栄養が入ってくるかわからない」と身体が焦りを感じ、余計なカロリーまで吸収してしまいます。なるべく食事は3食、決まった時間に摂るようにしましょう。食欲がない時は、野菜ジュースなどでもOK。

(2)しっかり噛んでゆっくり食べる

噛む回数が少ないと、満腹になるまで食べてしまいます。また、早食いも太りやすい傾向に。なるべく人と一緒に会話しながら食事するなど、早食いにならないように注意しましょう。

(3)コッテリ系はランチに食べる

肉類や揚げ物が大好きという方は、なるべく1日1回、ランチの時に食べるようにしましょう。夜に食べると活動量が少なく、そのまま体脂肪になってしまう可能性も! お酒が好きな方は、おつまみの揚げ物などを避けて、なるべく魚や野菜を選ぶようにしましょう。

(4)おやつは小分けに

おやつを食べないと気が済まないという方は、ビタミンEやミネラル分も豊富な、ナッツやドライフルーツを食べるようにしましょう。特にスナック菓子など、ポリポリつまめるものが好きな方は、食べ過ぎてしまいがちなので、袋ごとではなく小皿に小分けにして食べるなどの習慣をつけましょう。

(5)食べる順番に注意しよう

「いつも好きなものから先に食べる」という方は、食べる順番を変えるだけでヤセやすい体質に! まずはサラダやスープなどを先に食べ、次にたんぱく質が豊富なメイン料理、最後にご飯やパンなどの炭水化物を摂るようにすることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

(6)糖質を燃焼しやすくしよう

太るモトになる糖質は、ビタミンB群を含んでいる食材と組み合わせましょう。例えばご飯には卵や納豆を合わせたり、マグロやカツオなどのお刺身をおかずにするなど。これだけで、燃焼しやすい組み合わせとなり、ヤセ体質に近づくことができます。

 

食事の時間はどうしても遅くなってしまうなど、やむを得ない方は、他の部分で実行できることをひとつでも増やすようにしてください。ポイントは、ダイエットをストレスにしないことです。

これから薄着のシーズンに向けて、少しずつでも準備を進めていきましょうね!

 

【関連記事】

※ 超簡単!美肌にも痩身にもいい「チョコ」のヘルシーレシピ

※ まさにダイエット向き!実は●●の匂いを嗅ぐと食欲なくす

人気タレントが31kgも痩せた「スゴすぎる食べ物」とは?

ダイエットを手助けしてくれる「実はすごいフルーツ」2つ

これは意外!あの飲み物で夏までの楽やせダイエットが実現!