「いつか着るかも」でたまった服をジャカスカ捨てる極意5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ冬物から春夏物へと洋服の入れ替えをする季節です。風水学では、ずっと着ていない古い洋服を「いつか着るだろう」と大切にしていると出会い運が低迷するといわれていますが、みなさんのクローゼットの中は大丈夫ですか?

今回は、洋服が溢れて困っている人のために”捨てる極意”をご紹介したいと思います。

 

■1:似合うファッションは日々変わる

昔は似合っていたファッションも、年齢と共に似合わなくなります。特に、色物は顔映りも変わってきますので、久しぶりに着てみたら「こんな風だったっけ?」なんてことになりがち。今の自分に似合うファッションを見極めて、過去に着ていたものは捨てましょう。

 

■2:“部屋着落ち”という考えをなくす

お気に入りでも生地がクタクタになったり、シミができてしまったものは、外で着なくなりますよね。それでも捨てられないからといって部屋着にしようとすると、膨大な数の部屋着予備軍がたまってしまい、結局片付きません。

部屋着落ちさせるものも枚数を決めて、まめに入れ替えるようにしましょう。

 

■3:存在を忘れていたものはいらないもの

クローゼットの片付けをしていてよくあるのが「こんな服あった?」という意外な掘り出し物。ですが、存在を忘れていたということは、必要がなかったということなので、潔く捨てましょう。

 

■4:同じような色の洋服は厳選する

「好きな色だから」「似合う色だから」と形は違うけれど、同じような色の洋服ばかり買っていませんか? その中でも着る頻度が少ないものは捨てて、今後は差し色として使えるアイテムを買い足したり、オシャレの幅を広げてみては?

 

■5:ショッパーは捨てる 

かわいいショッパーをいつまでも取っておく人は多いですよね。何か入れるときに役立つかもしれないと思っているかもしれませんが、実際に使うことは滅多にないのでは?

ショッパーは1、2枚残しておいて、残りは捨てましょう。

 

今の自分にとって不要なものを捨てれば、これから何が必要なのかが見えてきます。買い物をするときも「これ、本当に必要?」と問いかけてから購入すれば、無駄使いも減るし、キレイな部屋をキープできます。

次の休日は、クローゼットの大掃除をしてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 知っ得!「色彩心理」で思いのままの部屋を手に入れるコツ

※ 汚れたルームウエアの長時間着用が引き起こす悪影響3つ

※ 「ダニによる死亡者」が日本でも発生!死に至るダニの害

※ 不潔にしていると美しくなれない「NG風水スポット」4つ

※ すごいスッキリする!最強の「クローゼット整理術」6つ