善玉菌わんさか!腸がみるみる美人になる魔法の食べ物3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで『美レンジャー』の記事内でも、ヨーグルトは良い作用をたくさん持っていることをご紹介してきました。しかし、毎日ヨーグルトを食べている人って意外と少ないようです。体に良い理由は知ってても、効果を感じられないこともあります。なぜでしょうか? それは善玉菌のみを増やすコツを知らないからかもしれません。

例えば、善玉菌に良いとされているオリゴ糖は、悪玉菌も増やしてしまいます。早く腸内環境を良くすには、善玉菌のみを増やす食品を摂るのがオススメ! そこで今回は、特に善玉菌のみを増やしてくれる食品を3つご紹介したいと思います。

 

■1:緑茶

必見!飲めば飲むほど腸美人になれる魔法の飲み物15個」やNHKの『ためしてガッテン』の実験などで、有名になってきてはいますが、緑茶に含まれるカテキンは悪玉菌をやっつけてくれ、善玉菌は増えるという、まさに理想的な環境を作り出してくれます。

カテキンは消臭効果も期待できますので、おならの匂いが気になる人には特にオススメですよ。

 

■2:リンゴ

驚くほど簡単!快腸になって理想の体型をキープする裏技」でもご紹介しましたが、リンゴには“アラビノオリゴ糖”というオリゴ糖が含まれています。

このアラビノオリゴ糖効果で腸内のビフィズス菌だけを増やし、さらに悪玉菌を減らすことが研究でも明らかになっています。 アラビノオリゴ糖には、善玉菌だけのエサの役目があるので、特におススメです。

 

■3:イヌリン

イヌリンとは水溶性食物繊維のことです。主にニンニク・タマネギ・ゴボウなどに多く含まれ、善玉菌“のみ”のエサになってくれるので、リンゴ同様オススメします。

 

善玉菌も悪玉菌も食事の“残りカス”をエサにしています。特に悪玉菌はタンパク質の残りカスが大好きなので、上記3つの食品を摂るとともに、タンパク質の摂り過ぎにも注意する必要があります。

せっかく、ヨーグルトなどで乳酸菌を補ってもコツを押さえていないと、腸内環境が良くなるまでに時間がかかってしまいます。善玉菌をいかに増やすかを考えながら、乳酸菌と一緒に食事内容にも気をつけてみて下さいね。

 

【フルーツ特集】

※ 地味だけど実は栄養満点な「金柑」の素晴らしい健康効果

※ ダイエットを手助けしてくれる「実はすごいフルーツ」2つ

※ ただ食べるだけじゃ損!美人になれるバナナの食べ方6つ