あなたの「女性ホルモン」をドバドバ分泌させる5つの食材

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌や女性らしいボディを手に入れるためにも、生理不順や生理痛を改善したり、いつか子どもを授かるためにも、女性ホルモンのバランスが大切であることは、もうみなさんご存知ですよね。

過去記事「実は“バストアップサプリ”には大きな危険が潜んでいた」でもご紹介したように、サプリメントで過剰に女性ホルモンに似たはたらきをする成分を補ってしまうと、バランスが乱れて思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

そこで今回は、サプリメントではなく、身近で毎日食べ続けやすい食べ物から、女性ホルモンをアップしバランスを整えるものを5つご紹介したいと思います。

 

■1:カボチャ

カボチャにはビタミンEが豊富。ビタミンEには脳下垂体や卵巣にはたらきかけ、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

ビタミンEは抗酸化作用があることでも知られていますよね。ビタミンEが不足すると、老化の原因である活性酸素が増え、肌トラブルや生活習慣病などを招くので、積極的に摂る必要があります。

カボチャは煮るだけで食べられますし、少し手を加えて天ぷらにしたり、スープにしてもおいしくいただけます。

 

■2:卵

卵は良質なコレステロールを含む食材。良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になるので、ぜひ毎日食べたいもの。卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含むため、“完全食”とも呼ばれています。

 

■3:大豆食品

豆腐や味噌などの大豆食品は、イソフラボンで有名ですよね。イソフラボンは女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た性質があります。エストロゲンを摂りすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクを高めますが、食事で補う分には余程の大量摂取をしない限り問題はありません。

大豆食品には、イソフラボンだけでなく、女性ホルモンの代謝とバランスを整えるはたらきがあるビタミンB6も豊富。毎日お味噌汁を飲むことを習慣にすれば、継続して摂取することができます。

 

■4:キャベツ

今が旬のキャベツにも、女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。かつて「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。野菜炒めにも、シチューやお味噌汁にも、プレートにスライスして添えるだけでもOKの食材なので、積極的に活用しましょう。

 

■5:ナッツ類

「間食するならコレ!ミスユニバースが選ぶ“痩せる食べ物”3つ」でも紹介されていますが、ナッツは今や美女のおやつとして定着しつつありますよね。ナッツはダイエットや美肌効果だけでなく、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

さらにナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを改善する効果も。ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なので、ナッツでストレス対策をするとよいでしょう。ぜひナッツを毎日のおやつにしてみてください。

 

女性ホルモンをアップさせる食材を5つご紹介しました。今回は、頻繁に食べやすいものを選んでご紹介しましたが、まだまだ女性ホルモン活性に役立つ食材はたくさんあります。1つの食材に偏らずバランスよく、女性ホルモンを意識した食事をしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 顔のたるみ・シワも解消!納豆のスゴすぎる「ネバネバ力」

※ カトパンも大好きな「チーズ」の意外すぎる健康効果5つ

※ 食べれば食べるほど免疫力アップ!実はスゴイ食べ物8つ