まさにダイエット向き!実は●●の匂いを嗅ぐと食欲なくす

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中、1番と言っていいほど辛いのが食欲との戦いではないでしょうか? 「食欲さえコントロール出来れば痩せるのに……」と悩んでいる方も多いと思います。また、ダイエット中に限って、外食のお誘いがあったり、歩いていて食べ物の匂いにいつも以上に反応してしまうことありませんか?

そこで、まずは敵を知ることが大切ということで、『gooランキング』の「ダイエットの敵!匂いをかぐと無性に食べたくなるものランキング」より、ダイエット中危険である匂いベスト5をご紹介します。

<1位:焼肉

2位:焼き鳥

3位:ラーメン

4位:カレー

5位:たこ焼き>

確かに、これらの美味しそうな匂いは食欲をそそってしまいますよね。これを我慢するのは辛いと思います。そこで、匂いの誘惑に打ち勝つために真逆の、“食欲を抑えてくれる”匂いで撃退する方法をご紹介したいと思います。

 

■食欲を抑制してくれる匂いとは? 

それはズバリ、“金木犀(キンモクセイ)”の香りです。キンモクセイというと、トイレの匂いというイメージがついてしまっており、とくに食事中に避けてしまいがちな匂いかもしれません。

しかし、キンモクセイの香りには、摂食活動を促進してしまう“オレキシン(別名:ヒポクレチン)”の分泌を抑えてくれる作用があるのです。

オレキシンは他にも、睡眠と覚醒のコントロールとも関わっています。ストレスが溜まると、オレキシンが興奮しすぎて、食欲増加だけでなく、睡眠障害にも関わってきてしまいます。

 

最近のトイレの芳香剤はキンモクセイは見かけなくなってきていますし、いつかキンモクセイの香りが流行る日がくるかもしれませんね。

 

【香りネタ】

※ ついに男性を思わず興奮させちゃう「魔性の香り」が判明

※ 「モテ女子」に必要な香りを一日中持続させるテク4つ

※ 一年中同じ香水をつけてはダメ!? 夏に嫌われる香りが判明

※ 香水はNG?男性が求める理想的な「女性の香り」が判明

※ 香りを使うのが上手な人は男女問わずモテることが判明

 

【参考】

ダイエットの敵!匂いをかぐと無性に食べたくなるものランキング – gooダイエットランキング

※ オレキシンの生理機能の解明 – 筑波大学大学院人間総合科学研究科・感性認知脳科学専攻(基礎医学系)桜井武