カトパンも大好きな「チーズ」の意外すぎる健康効果5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供から大人まで大人気の食べ物チーズ。チーズは種類が豊富なので、そのまま食べるだけではなく様々な料理にも使えるし、ギュッと詰まったたくさんの栄養を手軽に摂ることができるのも魅力ですよね。

なんと、『ORICON STYLE』の「好きな女性アナウンサーランキング」でV2を達成し、男女問わず絶大な人気を誇る加藤綾子さんもチーズが好きなようで、自身のブログでチーズフォンデュ鍋を購入したと話しています。

今回は、チーズに含まれる栄養素から美容・健康効果をおさらいしていきたいと思います。ちょっと意外なものもあるので、最後までチェックしてみてくださいね!

 

■1:ビタミンA

皮膚や粘膜を健康に保ち、免疫力を高める効果があります。

 

■2:ビタミンB2

脂肪を燃焼させ体に溜めこませないという特徴があります。余分な脂肪をつけにくくするというダイエット効果や、皮脂の分泌をコントロールしてニキビを予防、口内炎をできにくくする効果もあります。

 

■3:乳酸菌

チーズは乳酸菌の力によって完成した乳製品です。乳酸菌の働きによって、お腹の調子を整え便秘を改善、ニキビの予防や善玉菌の活性を促します。

 

■4:カルシウム

カルシウムはそのまま摂取しても体に吸収されにくい成分です。ですが、チーズは発酵食品なのでたんぱく質がアミノ酸に分解されていたり、ミネラルがイオン化しているため体に吸収されやすいという特徴があります。

チーズ100gには牛乳6本分のカルシウムが含まれています。これなら牛乳が苦手な人でも、効率よくカルシウムを摂取することができますね。

 

■5:メチオニン

肝臓の働きを助けアルコールの分解を促すので、お酒を飲むときや二日酔いの朝に効果的。冷え性を改善したり、体力を回復させる効果もあります。

 

チーズが持つ素晴らしパワーはこれだけではありません。『美レンジャー』の過去記事「非常にシンプルで意外な”恋を長続きさせる”方法とは?」にもあるように、チーズにはフェニルエチルアミン(PEA)という、恋愛中に感じるドキドキや高揚感を高める”恋愛物質”が、食べ物の中でダントツに多く含まれているため、”恋に効く”といわれているんです。

チーズを良く食べる人は、そうでない人と比べると、恋人とのマンネリを感じるタイミングが遅いという研究結果も出ています。

キレイになれて恋も長続きするなんて、まるで魔法のような食べ物ですね! 恋が長続きしないと悩んでいる人は、普段の食生活にチーズを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【美容食シリーズ】

※ 食べれば食べるほど免疫力アップ!実はスゴイ食べ物8つ

※ 実はスーパーフードな「菜の花」の手軽でおいしい食べ方

※ 美人の食べ物として有名な「梅干し」に隠された効果3つ

※ 驚くほど健康効果がある「納豆」の超おいしい食べ方9つ