実は痩せない!? 糖質オフダイエットの超危険な落とし穴

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖質オフダイエットは、短期間で痩せられるとここ数年人気なようです。血糖値を上げやすく脂肪を溜めやすい糖質は食べない、もしくは後から食べる方法ですよね。しかし、いくら頑張ってもなかなか効果が出ない人もいて、逆にリバウンドの危険も高いダイエット法でもあります。

そもそも糖質とは、ご飯やパン、麺類だけとは限りません。その他の食事に含まれる糖質も知っておかなければ、頑張っても効果は出ません。そこで、今回は糖質オフダイエットの落とし穴についてご紹介したいと思います。

 

■茎まで食べられる野菜は要注意

以前、「知らないと危険?本当は要注意な“太りやすい野菜”まとめ」でもご紹介しましたが、茎の部分には糖質が多く含まれることが多いです。糖質オフダイエットの時は茎は避けたほうが効果が出やすいです。

 

■ノンオイルドレッシングの使用がベター

ヘルシーだからとドレッシングをノンオイルに変えていませんか? ノンオイルなのでオイル分はカットされて、カロリーも低いです。しかし、オイルの代わりに糖類が増え、普通のドレッシングより炭水化物の含有量が増えていることがよくあります。

オイルの取り過ぎも脂肪が増える原因になりますが、適量であれば吸収を緩やかにして血糖値を上がりにくくしてくれるので、ノンオイルをたくさん摂るよりはオススメとも言えます。

 

■砂糖がしっかり入った煮物も要注意

和食は栄養のバランスが取りやすいですが、一方で煮物や和え物には砂糖を使用することも多く、必ずしもダイエットに向いているとは言えません。

料理をしたことがある人は見たことがあるでしょうが、甘煮はかなりの量の砂糖が使われています。ですが、醤油などの塩味で感じにくくなりますので、予想以上に砂糖が使われていることを忘れずに、食べ過ぎには注意しましょう。

 

糖質高めの野菜も実は要注意

また、実はジャガイモ・ニンジン・サツマイモなど甘くて美味しい根菜類は、糖質が高めなので注意が必要。甘くておいしいですが、くれぐれも食べ過ぎは禁物です!

 

■早食い・ながら食いは絶対にNG!

いくら野菜から食べているといっても、早食いは本末転倒。むしろ、きちんと噛まれていない食材は胃腸に負担もかけ、うまく吸収されずに余計な脂肪を溜めてしまいます。そのため、“よく噛む”が大前提であることを忘れてはいけません。

また、何かをしながら食べるときちんと噛めていないことが多いので、ながら食いにも気をつけましょう。

 

糖質オフダイエットは、血糖値をいきなり上げないということがポイントですので、食べ方や食材選びには十分に気をつけてみてくださいね。

 

【危険シリーズ】

※ うつにつながりやすい「炭酸飲料」の超危険な飲み方7つ

※ これは怖い!合わない枕が引き起こす「超危険な症状」7つ

※ 普段よく口にするけど実は「毒入りの危険な食べ物」5つ

※ 「肌トラブル」の原因!実はちょっと危険な日常アイテム4つ