スマホ操作も老化の原因!? 恐ろしい「首のシワ」対策5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コートを着なくても外出できるくらい暖かくなってきましたね。これまで首もとを温めていたマフラーやストールにもそろそろお別れ……。そんな首まわりがスッキリしたときに「何これ?」と一番驚くのは、”深く刻まれたシワ”なのではないでしょうか。

「年齢がわからないお客様は、首を見て推測する」という美容師さんもいるくらい、首もとの老化はその人を年齢を上に見せてしまうんです。

首にシワができる原因は加齢による皮膚のたるみといわれています。ですが、それ以外にも長時間下を向くオフィスワークや、スマホ操作でどんどんシワが深くなっていくそう……。

『美レンジャー』の過去記事「”いつまでも若い人”と思われるための首のシワ対策4つ」では、シワを薄くするためのマッサージや筋肉トレーニングを紹介していますが、そこにプラスしてほしい対策がありますので、ご紹介していきます。

 

■1:首パック

入浴後に首に保湿クリームを塗り、温めたタオルを巻いて20分間パックします。その後は、下から上に向かってクリームを首に馴染ませましょう。

 

■2:ストレッチをするA

下あごを突出して「イー」と口を横に開き、首の筋が出ていることを確認してそのまま10秒キープ。このストレッチを5回繰り返してください。

 

■3:ストレッチをするB

あごを上げて真上を見るように首筋をぐーっと伸ばして、舌を天井に向かって垂直に突き出します。10秒間キープしたら2~3回繰り返してください。

 

■4:ツボを押す

耳の後ろの骨が出ているところから下がっていき、喉仏と同じ高さにある“天窓”というツボを押すと、首の血流が良くなり、むくみも改善します。

 

■5:日焼け止めを塗る

紫外線は肌の水分を奪い、弾力を維持するために必要なコラーゲンにも影響を与えます。外出時は首にも日焼け止めを塗ってください。

 

露出が増えるこれからの季節。首のシワで年齢を推測されないように、今からしっかりケアをしておきましょう。

 

【関連記事】

※ 恐ろしいことに「眉間のシワ」は不幸の原因になると判明

※ ギャル御用達の●●が目元のシワ防止になることが判明

※ 首のシワの原因は●●だった!シワを作らなくする生活習慣3つ

※ 老け顔に見える「目元のシワ」を隠す最強メイクテク3つ