太らず美肌になれる!パンケーキの最高「ちょい足し」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未だに衰える気配がないパンケーキブーム。海外の有名店が日本に出店するという情報を得れば、並んででも食べたいと思う人は多いと思います。

ですが、パンケーキはボリュームがあるし、モリモリのホイップクリームやリコッタチーズが練り込まれていたりするし……。「半分の量で良かったね」というように、食べ終わった後に罪悪感を抱きながらお店をあとにする姿をよく見かけます。 

そこで今回は、食べた後の罪悪感を減らす、”自宅でできる美肌パンケーキ”のレシピをご紹介していきたいと思います。作り方は超簡単! 市販のホットケーキミックスにちょい足しして焼くだけなので、試してみては?

 

 ■1:豆乳パンケーキ

[材料] 3枚分

・ホットケーキミックス  150g

・豆乳 100ml

・卵 1個

[豆乳の美肌効果]

(1)レシチン・・・細胞の働きを正常に保って新陳代謝を活発化。肌の生まれ変わりをサポート。

(2)サポニン・・・肌老化の原因となる活性酸素を抑え、若々しい肌を保つ。

(3)オリゴ糖・・・便秘を解消し、ニキビを改善。

 

■2:ココアパンケーキ

[材料] 3枚分

・ホットケーキミックス 150g

・牛乳 100ml

・卵 1個

・ココアパウダー 適量

[ココアの美肌効果]

(1)カカオ・ポリフェノール・・・高い抗酸化作用により、肌老化の原因となる活性酸素を抑える。ニキビやシミ、シワを予防。

(2)テオブロミン・・・血管を拡張させて血流を増やし、冷え症を改善。自律神経を整えるので、リラックス効果が得られる。

 

■3:コラーゲンパンケーキ

[材料] 3枚分

・ホットケーキミックス 150g

・牛乳 100ml

・卵 1個

・コラーゲンパウダー (コラーゲン量5,000mg程度お好みで)

[コラーゲンの美肌効果]

コラーゲンは肌の真皮層の約70%を占めるたんぱく質で、ハリやツヤ、潤いのある美肌作りには欠かせません。

加齢とともにコラーゲンの生成が減少するといわれてきましたが、実はその割合はさほど大きくないそう。それより近年は、コラーゲンの質の方が大切なのです。

古いコラーゲンをきちんと分解してあげることが新しいコラーゲンの合成につながるので、コラーゲンの摂取とあわせて外側からの肌ケア、代謝をアップさせる食事なども心がけるといいですよ。

最後に、お家でも簡単に作れるカフェ風ふっくらパンケーキのレシピもどうぞ。

 

■4:カフェ風ふっくらパンケーキ

[材料] 3枚分

・ホットケーキミックス 150g

・牛乳 45ml

・卵 1個

・ヨーグルト 20g

・バニラアイス 20g

ボウルで牛乳、卵、ヨーグルト、バニラアイスをよく混ぜてからホットケーキミックスを加えます。ホットケーキミックスとはざっくりと混ぜて焼きましょう。

 

いかがでしたか? 大好きなパンケーキを罪悪感なく食べられるなんて幸せですよね。パンケーキは1枚ずつサランラップで包んで冷凍保存できますので、解凍して朝食に食べるのもいいですね。

 

【ちょい足し特集】

※ これだけで超おいしくなる!甘酒の最高「ちょい足し」7つ

100倍おいしくなる!カレーの最高「ちょい足し」3つ

※ 栄養士が選ぶ!カップ焼きそばの「ちょい足し食材」トップ5

※ これは簡単すぎる!美容オイル「ちょい足し」活用の裏技

※ 今流行りのちょい足しで美容!?