老化予防もOK!バナナに隠されたスゴすぎる健康効果まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『美レンジャー』でこれまで多く取り上げてきた、美容食材のなかでも幅広い年代や層に愛されいるのがバナナ。お手頃な価格でコンビニでも販売されていることから、最も身近なフルーツのひとつです。

みなさんのなかでも“バナナダイエット”を経験された方も多いはず。満足感があってお通じが良くなると言われているバナナは、その美味しさだけではなくうれしい効果もたっぷり。

バナナのパワーについて、これまで『美レンジャー』でご紹介してきた記事を一挙まとめて公開しちゃいます!

 

■スムーズなお通じだけじゃなく、新陳代謝アップにも

まず、バナナといえばダイエットフルーツの王様的存在ですよね。「これで楽痩せ!脂肪を燃焼する“スーパーフード”27個」では、なかでも青みがかったバナナがダイエットに向いていることをご紹介しています。

中サイズの青みがかったバナナには12.5グラムの難消化性澱粉質が含まれており、新陳代謝が促進されるとのこと。さらに、「女性の“食べすぎ防止”に効果のある意外な方法まとめ」では、バナナの満足感に着目! 

過食防止のためにも食事前に1本食べる、というのもオススメです。今までは味や触感の好みで食べごろを決めてた方も、効果によって食べ分けてみてはいかがでしょうか?

 

■イライラするとき、バナナが心を安定させてくれる

続いて、ちょっと意外な効果をご紹介したのは、「バナナでイライラが消える!? 体の悩みにいいフルーツ3つ」の記事。なんと美容効果だけじゃなく、心のバランスを整えてくれるパワーがあるというのです。

その理由は、バナナにはトリプトファンという、心を安定させるホルモンであるセロトニンの材料が含まれているため。特に生理前などの精神的に不安定になりがちな時期には、積極的に食べたいですよね。

 

■なんと、バナナにはアンチエイジングの効果まで

そして、もっと驚きなのはアンチエイジング作用も期待できるということ。「味の違いだけじゃなかった!“バナナの熟度”で美容効果に違いが!?」の記事では、バナナに抗酸化作用があることを東北大学の大久保一良教授らの実験で判明したことをレポート。

なんと身近にある食品の中で一番、抗酸化作用が期待できるというのだからビックリですよね。美味しく食べながら、エイジングケアまでしてくれるなんて、優秀すぎます! まさに肌、体、心……、すべてにうれしいフルーツなのです。

 

朝ごはんや小腹対策としても、とっても活躍してくれるバナナは、キレイになりたいすべての女性の味方。ぜひその脅威のパワーをみなさんも実感してくださいね!