実は服選びも疲れる原因!日常に潜む「意外なストレス」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス社会と言われている現代。とくに働き者の日本人は、過労による心身のストレスは悩みの一つではないでしょうか? 満員電車、過重労働、人間関係、将来への不満……などなど。

ストレスの積み重ねで病気になることだってあります。しかし生活のため、多少のストレスは我慢しなければいけない時もありますよね。ストレスと上手く付き合っていくために気分転換も大切ですが、実は知らぬ間に日常生活の中にもストレスが発生しているのです。

せめて職場以外のストレスをできる限り排除したいですよね。そこで、今回は知らぬ間にストレスになっている日常生活の習慣をご紹介します。

 

■1:日々の洋服の選択

ご存知でしょうか? 実はオバマ大統領は、毎回着るスーツを青もしくはグレーの2色のみに完全に決めてしまい、それ以外着ないようにしています。世界中の問題に対して、常にベストな決定を求められる米大統領になると、決定事項の量が膨大になりますよね。

実は、人は“決断する”とき、大きなストレスを感じることがあります。たくさんの決定事項がある立場の人は、毎日着る洋服を選ぶ時のストレスすら、省かないといけないことがあります。忙しい時ほど、先に1週間のコーディネートを決めておくことがオススメです。

また以前に「着ちゃダメ!ストレスが倍増する“NGファッション”7つ」でもご紹介していますが、着る服の色もストレスと関係がありますので、参考にしてみて下さい。

 

■2:ネガティブなニュースを見る

残念ながら、毎日様々な事件が起こり、悲報を聞くことが多いと思います。ニュースとして、知っておかなければならない情報でも、詳細まで聞くとイメージが頭に浮かび、被害者への気持ちが出ることによって悲しい気分になりますよね。

また、加害者に対して怒りが込み上げてくることがありますが、これもストレスになります。知らなければならないもの以外は、ネガティブなニュースは見過ぎないことをオススメします。

 

■3:異臭が漂う部屋にいる

鼻は脳とダイレクトにつながっています。良い香りであればストレス解消にもつながりますが、異臭は真逆の効果があると、杏林大学の行った実験が読売新聞で紹介されていました。

また、カビは臭いに気がつかなくてもストレスの原因にもなるそう。ストレスを無駄に溜めないためにも部屋を清潔に保つようにしましょう。

 

どれも「こんなのがストレスになるの?」と思うような、ちょっと意外なものばかりでしたね。ストレスが多い人は、毎日のちょっとしたことでも気にしてみては?

 

【ストレス対策】

※ 自宅で手軽にできる!五感を使ったストレス解消法まとめ

※ ポイント固執はNG!ストレスが倍増するお金の使い方4つ

※ 着ちゃダメ!ストレスが倍増する「NGファッション」7つ

※ 男と女で「ストレス解消法が大きく違う」脳科学的な理由