日常生活の中で「たくさんカロリー消費する」簡単テク8つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ外の暖かさを感じて、ダイエットへのやる気がフツフツと沸いてきた人も多いのではないでしょうか。しかし、ダイエットは取り組もうとしても「続かない」「時間がない」「食事制限をしたくない」などといった理由から、結局早々にあきらめてしまいがちですよね。

そこで今回は米女性誌『COSMOPOLITAN』から、特別な時間や、大きな我慢をする必要もなく、普段の生活に取り入れながら簡単にカロリー消費できるテクをご紹介。

消費カロリーも記しているので、食べ過ぎた日などは多めにするなど調節しながら行ってみてください。

 

■1:待っている間に挙手跳躍運動

気をつけの姿勢から、ジャンプをしながら足を広げ、両手は頭の上で叩き、また元に戻すを繰り返す挙手跳躍運動。これはとても簡単でカロリー消費がしやすい運動です。ベッドから起き上がった時、シャワーが温まるのを待っている時、コーヒーが沸くのを待っている時など、ちょっとした時に行ってみましょう。消費カロリーは1分で10キロカロリーです。

 

■2:髪を乾かしている間にスクワット

ドライヤーの時間って本当に長いですよね。特に髪の長い人であればなおさら。そんな時は乾くまでの間にその場でスクワットを行いましょう。消費カロリーは5分間で70キロかロリーです。

 

■3:座っている時はつま先を鳴らす

会社や家でも座りながらできるのが、つま先をトントンと踏みならすエクササイズ。25回片足ずつ行えば、合計24〜30カロリーの消費となります。

 

■4:コマーシャルの時だけランジ

テレビを観ている時間もエクササイズに活用しちゃいましょう。秘訣はコマーシャルの時だけ、片足を前方に大きく踏み込むランジを行うこと。3時間テレビを観ていると、コマーシャルの時間はトータルで20〜30分程度と言われているので、それら全てを行えば120キロカロリーの消費になります。

 

■5:エレベーターではなく階段を

通勤中でも、会社内でも、ショッピングモールでもどこでもエレベーターは使わずに、階段を使って歩く事を心がけましょう。一連の階段を上ると10キロカロリーが消費されます。

 

■6:キッチン内では壁スクワット

電子レンジで食品を温めている間、お湯を沸かしている間などは、壁スクワットをしましょう。これは上体を壁につけ両足は壁から放し、そのまま膝の角度が90度になるまで腰を下げていくものです。30秒につき12〜15カロリーの消費が期待できます。

 

■7:ベッドで腹筋運動

お腹周りが特に気になる人は、ベッドに入ったら5分間腹筋を行ってみてください。毎日続ければ効果は確実にあらわれますよ。5分間で40キロカロリーが消費されます。

 

■8:眠りの質を高める

よい眠りもカロリー消費につながります。1時間で60キロカロリーを消費できるので、質の良い眠りも心がけてみてください。

 

いかがでしたか? ふとした時に行ってみれば、それがやがて習慣となって、自然に身体が変わっていくはずです。負担がかからない程度に、自分流のルールを作って楽しく行ってみてくださいね!

 

【イベントのお知らせ】

※ 美レンジャー「春のイメージアップセミナー」締め切り迫る!

 

【ダイエット情報】

※ ダイエットを手助けしてくれる「実はすごいフルーツ」2つ

※ 間違った方法ではやつれるだけ!? キレイに痩せるコツ5つ

※ ただ順番を変えるだけ!スリムになれちゃうご飯の食べ方

※ 意外とみんな知らない「ダイエットを成功させる」コツ5つ

※ ズボラな人でも「たった8分で痩せられる」お手軽ダイエット

 

【参考】

Sneaky Little Ways to Burn Calories – COSMOPOLITAN