おしゃれを楽しみながら東北の「復興支援」する方法3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の3月11日に、東日本大震災が起きてから2年が経ちました。

TVなどのメディアでも多くとりあげられ、改めて凄まじい被害であったこと、まだまだ復興していないこと、支援が必要であることを感じた方もたくさんいることと思います。

「何かしたい」と思っても、時間やお金に限りがあり、なかなか支援に協力ができない方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、2年経った今も東日本大震災支援アイテムを取り扱っているブランドから、おしゃれを楽しみながら支援に関わることができるアイテムの例をご紹介したいと思います。

 

■1:HASUNA

南青山と名古屋栄にあるエシカルジュエリーのお店、『HASUNA』。先日、新宿伊勢丹にも新店オープンし、今大変注目されています。

『HASUNA』は、“身に着ける人だけでなく、その裏側にいる人も幸せになるジュエリー”という美学のもと、紛争や児童労働がなく、環境に配慮されて作られる素材を採用して商品を手がけています。

そんな『HASUNA』から発売されている東日本大震災支援アイテムは、“hug(抱きしめる)”と“育む”をかけて、『hagukumi(はぐくみ)』と名付けられたネックレスとブローチ。

シルバーのリング状のフレームの中に、人々のネットワークの中で豊かな個性が生まれることをイメージした、ゴールドのビーンズの連なりがあしらわれています。

『hagukumi』1つにつき5,000円が、『ハタチ基金』に寄付されます(ネックレスとブローチを同時購入の場合は、12,000円)。洋服にも合わせやすく、バッグに付けてもおしゃれ。ユニセックスのジュエリーなので、彼とペアでつけても素敵ですよ。

 

■2:エシカルペネロープ

『エシカルペネロープ』は、名古屋のテレビ塔にあります。正しい労働条件で、公正な賃金で取引されている洋服を取り扱う、『エシカルファッション』のお店です。

ここでは、“被災地に仕事で笑顔を!”というコンセプトのもと、東北支援プロジェクト『EAST LOOP』が作っている、テレビ塔のオリジナルブローチを販売しています。

手編みの淡いブルーのテレビ塔の後から、ひょっこり白いハートが覗いているとってもかわいいブローチ。シンプルなバッグのアクセントにぴったりです。

 

■3:アムリターラ

『アムリターラ』は、国産のオーガニック化粧品ブランド。余計なものを極力いれない、原料にとことんこだわった化粧品を展開しています。

『アムリターラ』では、収益の一部を被災地支援の寄付金にあてており、ホームページにてその実績を明確に報告しています。現在、収益全額が被災地支援の寄付金になるのが、『リフレッシュバスソルト』。

『リフレッシュバスソルト』は、岩塩や有機ゲルマニウム、ゼオライトなどで作られていて、肌がすべすべになり体がとても温まります。香りは、天然のレモンマートルやオレンジで、とてもリフレッシュできます。がんばった日の自分へのご褒美アイテムとしておすすめです。

これまで『リフレッシュバスソルト』以外には、『アメージングオーガニックファンデーション』の売り上げの一部が寄付金にあてられました。今後も、『アメージングオーガニックファンデーション』か、新しく発売されるチークのどちらかの収益の一部が寄付金にあてられるそうです。

 

今回はおしゃれを楽しみながら、被災地を応援する方法の例を3つお伝えしました。まだまだ他にもこのようなアイテムがあるかと思います。これからも2011年3月11日の出来事をずっと忘れず、「何かしたい」と思った気持ちを大切にしながら、おしゃれアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

 

【ファッション特集】

※ 男性に嫌われやすい服でも「絶対モテる」着こなし方4つ

※ 超簡単!着るだけで痩せて見えるファッション5つのテク

※ 痛い!自分に自信がない女性にありがちなファッション5つ

※ 着太りはもう嫌!ダウンコートでナイスバディに見せる方法

※ 超簡単!ビックリするほど美脚になれる着こなしテク5個

 

【参考】

ハタチ基金チャリティネックレス&ブローチ – HASUNA

東北支援プロジェクト 『EAST LOOP』 テレビ塔ブローチ – 「エシカル・ペネロープ TV TOWER」 スタッフ・ブログ

被災地支援 – アムリターラ