危険!男性にドン引きされるNGな「サビ毛穴」3パターン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かい陽射しに、春物の洋服を選ぶのが楽しい時期になりましたね。新年度が始まる4月は、一年のうちで最も好印象を与えたいと意識する時期かもしれません。

そこで、紫外線が強さを増すこの時期にやっておきたいのが、”毛穴をサビさせない”ケアです。接近戦も多くなる春、恋のチャンスを逃さないためにもぜひ!

まずは、部分別にできるサビ毛穴のパターンをご紹介します。あなたのパターンはどれでしょう?

 

■恐ろしいサビ毛穴3パターン

(1)酸化して黒ずむTゾーンの”皮脂毛穴”サビ

皮脂が多くでるTゾーンは、あぶらが詰まりやすくなる部分でもあります。紫外線を防ごうと脂が多くでることで毛穴が広がり、行き場のない脂が酸化して黒ずみ毛穴が目立つことになります。

強くなる陽射しを防ごうと厚くなる角質は、皮脂が詰まる原因に。黒ずみやすい鼻の頭と対照的に、小鼻は白い詰まりができやすくなります。

(2)毛穴がつながって流れているように見える”たれ毛穴”サビ

エイジングとの関わりが深いのが目の下、頬部分です。もともとたるみやすい、やわらかい筋肉がついている頬下の毛穴トラブルは、真皮層の弾力低下が一番の要因。

肌の土台ともいえる真皮が下がり、毛穴が落ち込んで大きく開き、キメに添って涙形に変形してしまうことも。放置は厳禁です。

(3)凹凸が見えてしまう”角栓毛穴”サビ

ザラッとした感触が、日常化してしまっている人も多いのがアゴの下部分です。Tゾーンのように皮脂分泌が盛んなわけではありませんが、硬めの皮膚が角栓や詰まりを招いてしまいます。

ホルモンの影響で、月経ニキビのできやすい場所でもあります。治りきらないニキビが炎症すると、お肌にとっての悪循環が続いてしまうことに。

 

■ あわてず騒がず、じっくりケア

皮脂の量や真皮の状態が原因で、毛穴がサビてしまうことがわかっていただけたでしょうか? 詰まった毛穴を綺麗にしたいと、安易に自宅用ピーリングなどに頼ってしまいそうですが、過激なセルフケアは控えましょう。

どのサビ毛穴タイプでも、毛穴を目立たなくしてあげられる方法をご紹介します。優しくケアして循環を良くしてあげることが大切ですね。

(1)毛穴をやわらげる

ふきとり化粧水などで優しく整え、詰まりをとる準備をします。

(2)詰まりをとる

優しく洗顔して詰まりをとりましょう。肌が柔らかくなっていれば角質は力をかけなくても剥がれ落ちます。

(3)保湿する

水分と栄養をしっかり入れ込めば、ふっくらとした肌を蘇らせることに。結果毛穴は目立たなくなります。

 

いかがでしたか? 悪者扱いされやすい皮脂ですが、肌の潤いも保護機能も保ってくれる脂は、なくてはならないものです。 上手に活かして美肌をめざしましょう!

 

【イベントのお知らせ】

※ 美レンジャー「春のイメージアップセミナー」締め切り迫る!

 

【毛穴ケア特集】

※ 少しの手間で劇的に「毛穴を目立たなくする方法」まとめ

※ 毛穴パックはNG!60秒でできるブサイク毛穴を消す方法

※ 厚塗りカバーは「毛穴ブス」の原因!正しい毛穴ケアのコツ

※ これで悩みから解放される!? 毛穴をなくすテクニック3つ

※ これは要注意!他人の毛穴が気になる距離は●センチ!