汚れたルームウエアの長時間着用が引き起こす悪影響3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フワモコ素材のルームウエアや、ちょっとそこまでお出かけできるワンマイルウエアなど、お家で過ごすときもかわいいものを着ていたいのが女心。

みなさん、お気に入りのルームウエアを持っていますか? 中には、お気に入りすぎるあまり洗濯をしていないなんて人もいるのでは?

そこで、みなさんの洗濯事情がわかる「パジャマを洗う頻度ランキング」という『gooランキング』の調査を発見したので、ご紹介します。

<1位:毎日

2位:1週間に1回程度

3位:特に決まってない

4位:3日おき

5位:1日おき>

こうして見ると、意外ときれい好きな人が多いようですね。

私たちは、寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます。リネン類は洗っていても、汗が染み込んだルームウエアをそのまま着続けるというのはちょっと不潔……ですよね。

今回は汚れたルームウエアがなぜいけないのかをお話していきたいと思います。

 

■汚いルームウエアがもたらす悪影響とは?

(1)体を清潔に保てない

お風呂に入って体をキレイにしてきたのに、汗や皮脂が染み込んだルームウエアを着ては意味がありません。背中やデコルテにニキビができる原因になったり、肌に良くない影響が出てきます。

また、袖や首元についた汚れは顔のニキビの原因にもなります。

(2)睡眠モードに入れない

ルームウエアに着替えるということは、睡眠モードをONにするスイッチの切り替えにもなるそうです。質のよい睡眠を取ためには、きちんと洗濯をした触り心地のいいルームウエアを着るようにしましょう。

(3)洗濯したリネンが汚れる

ベッドカバーや枕カバーを洗っても、汚れがついたルームウエアで横になればキレイにした意味がありません。最近流行のフワモコ素材のものは、ほこりやゴミがつきやすいので、特に清潔にする必要があります。

 

ルームウエアは肌に直接触れるし、長い時間着用するものなので、思っている以上に汚れがついています。これから汗をかきやすい季節になるので、ルームウエアは毎日洗って、清潔なものを着ることをおススメします。

 

【イベントのお知らせ】

※ 美レンジャー「春のイメージアップセミナー」締め切り迫る!

 

【関連記事】

※ 「ダニによる死亡者」が日本でも発生!死に至るダニの害

※ 不潔にしていると美しくなれない「NG風水スポット」4つ

※ すごいスッキリする!最強の「クローゼット整理術」6つ

※ もう汚い部屋にならない!掃除が楽しくなる簡単テク5つ

※ 部屋の中に溜まっている「嫌なニオイ」を撃退する方法5つ

 

【参考】

※ パジャマを洗う頻度ランキング – gooランキング