つらい花粉症の症状をスッキリさせてくれる飲み物8つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症のみなさん、花粉症対策は万全ですか? 3月に入って急に暖かくなり、花粉の飛散量が非常に多い日が続いています。

都心では暖かい日が続く見込みで、3月の上旬までで昨シーズンの全飛散量が飛んでしまうくらい。でもまだまだ花粉には要警戒! 花粉の多い年は、飛散シーズンも長くなる傾向にあるためです。

まずは、しっかりマスクをしてなるべくカラダに花粉を取り入れないようにしましょう。その上で、食生活にも気を付けることも、とても大切なこと。花粉症の症状は、カラダの状態によっても大きく左右されるのです。

そこで、今回は、花粉症に効果があると言われるドリンクを紹介します。

 

■1:緑茶

私たちに身近な緑茶が花粉症対策になるなんて、意外ですよね。お茶の中でも緑茶にはカテキンを豊富に含んでいます。そのカテキンは、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンを抑える効果があると言われています。

 

■2:そば茶

そばは、ポリフェノールの一種、ルチンを多く含んでいます。このルチンに、ヒスタミンの過剰分泌を抑える抗アレルギー作用があるそう。ただし、そばアレルギーがある方は、飲まないようにしてくださいね。

 

■3:ヨーグルトドリンク

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、花粉症の症状軽減に効果があると注目されています。

ヨーグルトの中でも、特に、ビフィズス菌BB536の入ったヨーグルト『ビヒダス』は、人を使った実験によってアレルギー症状を改善する効果があることが分かっています。特に、目の症状と鼻のかゆみが緩和された方が多かったということです。

 

■4:レモン汁

レモンに含まれるビタミンCには、アレルギーに対する反応を抑える働きがあります。

果汁にも花粉症を抑える効果はありますが、レモンの皮には、よりヒスタミンを抑制する効果があると言われています。レモンをスライスにしたものとミントにハチミツをかけて、しばらく置いたものを炭酸水などで割るとおいしく飲めますよ。

 

■5:甜茶(てんちゃ)

甜茶が花粉症に効くというのは、何年か前に話題になって以来、有名になりました。甜茶には甜茶ポリフェノールという成分が含まれており、この甜茶ポリフェノールが花粉症の症状を和らげてくれます。

でも注意したいのは、甜茶には4種類あるということ。アレルギー症状に効果があるのは甜茶の中でも、バラ科キイチゴ属の“甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)”だけです。

 

■6:ペパーミントティー

ペパーミントには、抗アレルギー作用があるミントポリフェノールが含まれています。毎日飲み続けることで、花粉症の辛い症状である、くしゃみや多量の鼻水、鼻づまりが緩和されるようです。

もともとアロマテラピーの世界では、ペパーミントのエッセンシャルオイルは、花粉症による不快な症状を緩和させる効果が期待できると言われているとか。

 

■7:べにふうき茶

べにふうき茶には、緑茶に含まれるメチル化カテキンという成分が他のお茶よりも多く含まれていて、アレルギー症状の緩和に効果があると注目されています。スーパーやドラッグストアでティーバッグとして手に入れることもできますし、現在は、錠剤として薬局でも手に入ります。

 

■8:青汁

直接、花粉症の症状緩和に効果があるわけではありませんが、花粉症の症状は、免疫バランスが乱れることで発症します。青汁でビタミン・ミネラルをしっかり補って、日頃の食生活など、生活習慣から花粉症になりにくい体や悪化させない体を作ることが大切です。

 

また、花粉症の時期は、できるだけ避けたほうがいいドリンクというものもあります。例えば、砂糖をたっぷり含んだ飲み物や冷たい飲み物など。砂糖には、カラダを冷やす働きがあるので、このようなものばかりを摂っていると、体が冷えて免疫バランスが崩れる事があるからです。

もうしばらく、花粉の辛い時期は続きそうです。しっかりと最大級の花粉対策を行って、春を乗り切りましょう!

 

【飲み物シリーズ】

※ ダイエットにいい「ウーロン茶」の超おいしい飲み方3つ

※ 腸を美人にしてくれるヨーグルトの最強「飲み方」ベスト3

※ 知らないと損!あの有名飲料のメリット・デメリット4つ

※ 男性が「この子かわいい!」と思ってしまう飲み物トップ5

※ 要注意!健康にいいけど飲み過ぎちゃいけない飲み物3つ