ちょっとした工夫で劇的に違う「歩くだけで美ボディ」テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大地が暖まり、冬眠していた虫たちが外に出てくるといわれている”啓蟄(けいちつ)”。2013年は、3月5日がそうでしたね。気温が高くなると、外に出てくるのは虫だけではなく、私たち人間も同じです。心地よい春の日差しを浴びながら、「一駅分多く歩いてみようかな」という気分になりませんか?

ですが、「歩こう!」という気持ちになったのに、姿勢が悪くダラダラとしている姿はどうでしょう? 同じ時間や距離を歩いても、引き締めたい身体のパーツを意識している人と、そうでない人では効果の現れ方がまったく違ってきます。せっかく歩くのなら、効率よくボディラインをシェイプアップしたいですよね。

今回は、歩く時間に一工夫をして、美しいボディラインを手に入れる方法を5つご紹介していきます。

 

■1:まずは姿勢を正して

正しい姿勢で歩かなければ、期待するようなシェイプアップ効果は得られません。まず、腰から頭のてっぺんまでを真っ直ぐに、そして、膝が伸びていることを意識して歩く習慣をつけましょう。そうすることで、お腹のインナーマッスルが鍛えられます。

 

■2:いつもより大股で

いつもの歩幅に比べて、大股で歩くように意識をすることで、太ももとお尻を引き締めることができます。足をしっかりと伸ばして、後ろ足の太ももの裏に力を入れるイメージで歩きましょう。

 

■3:信号で止まったら、内ももを鍛えるチャンス

信号で止まったときは、内ももを鍛えるチャンスです。足を肩幅に開き、左右の内ももを近づけるようなイメージで力を入れて立ちましょう。

 

■4:早足で消費カロリーを増やす

早足で歩くだけで、消費カロリーが増えます。ゆっくりダラダラ歩きをやめて、いつもより颯爽と歩いてみては?

 

■5:腰を前に出して

足を踏み出すときは、腰ごと前に出すようにしましょう。ひねる、伸ばすという動きで、くびれが作れます。

 

忙しくてジムに通ったり、自宅でトレーニングができなかったりする人でも、朝晩の通勤中の歩く時間を有効に使えば、シェイプアップができちゃいます! ”歩く”ということをもっと大切にすれば、普段の生活の中で無理なくキレイなボディラインが作れますよ。

 

【超お手軽ダイエット特集】

ほとんど動かずにできる!超簡単に「痩せる方法」まとめ

超簡単!通勤中にできる「効率のいいエクササイズ」8つ

これはスゴイ!食べても太らない「おやつの食べ方」6つ

※ 飲む以外にも使える!メタボ腹に効くウーロン茶レシピ3つ

※ すぐ簡単にできる!全然つらくない究極ダイエット6つ