間違った方法ではやつれるだけ!? キレイに痩せるコツ5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春は、もうすぐそこです。暖かくなるのと同時に、気になるのが“体型”ではないでしょうか。黒タイツやコートを脱ぎ去れば、おのずとボディラインに目がいってしまうもの。焦ってダイエットをするも「やつれた?」なんて聞かれてしまう、不健康な痩せ方だけは避けたいですね。

そこで今回は、カリスマエステティシャンの芝崎裕子さんに“キレイに痩せるコツ”についてお話を伺いました。

 

1:極端に食事を減らすのではなく、栄養バランスのよい食事を

「極端に食事を減らして一時的に体重が減ったとしても、通常の食事に戻したときに体重がリバウンドすることは目に見えています。流行の単品ダイエットもNGです。偏った食事により、慢性疲労や便秘、肌トラブルなどを引き起こします」と、芝崎さんは警告を鳴らします。

成人女性がダイエットを行う場合、健康を損なわない摂取カロリーは、1日約1,500kcal前後が目安です。朝昼に比重を置き、夜は炭水化物を少なくするなどして、“食べて痩せる”ダイエットを目指しましょうね。

 

■2:プラセンタやコラーゲンを摂取して、ハリが失われないように

「シワや法令線が目立つようになった」「老けて見られるようになった……」こんな経験はありませんか?

 「年齢と共に肌内部のコラーゲンが減少していくのと共に、学生の頃のダイエットと大きく違うのは、お顔から痩せていくようになることです。そのため、目元のくぼみや肌のたるみが目立つようになってしまうのです」

そこでおススメなのが、ダイエット中に失われがちなプラセンタやコラーゲンを、サプリメントやドリンクで積極的に摂取することだそう。ダイエット中は、積極的に摂取したいですね。

 

■3:毎日入浴後はマッサージでセルライト予防

「脂肪は温かく、柔らかい箇所から落ちていきます。しかし、脂肪が硬いとなかなか痩せることができません」

そこで芝崎さんがサロンでの施術はもちろん、お客様のホームケアでも推進しているのが“マッサージ”です。

入浴後、オイルやボディクリームを使って全身をマッサージしていきます。単にむくみを解消するだけではなく、前述のように脂肪を柔らかく燃焼させる効果や、セルライト予防にも繋がります。

 

■4:背筋を伸ばして正しい姿勢をキープ

背筋を伸ばしてキレイな姿勢を長時間キープするのは、かなりキツイですよね。実は、これこそがダイエットの秘訣のようです。

 「普段使わない背中の筋肉などを意識して使うことにより、基礎代謝が上がります。また見た目にも美しいですよ」

 

■5:自分を追い込まず、楽しみながらダイエット

「“ダイエット=辛いもの”になってしまったら、続かないのは当たり前です。時には気分転換も必要です」

実際に芝崎さんのサロンでは、施術中に海外ドラマやアーティストのライブDVDなどを楽しみながら施術が受けられるので、そちらもダイエットを成功させる大きなポイントかもしれません。

 

いかがでしたか? “体重を減らす”ことを目的にするのではなく、“キレイに痩せる”ことが大切なのですね。今週は頑張ったから明日は解禁日など、ご褒美も忘れずに!

 

【ダイエット特集】

※ 意外とみんな知らない「ダイエットを成功させる」コツ5つ

※ これはスゴイ!食べても太らない「おやつの食べ方」6つ

※ すぐ簡単にできる!全然つらくない究極ダイエット6つ

ただ順番を変えるだけ!スリムになれちゃうご飯の食べ方

お金をかけずに「メリハリボディ」になれるスゴイ方法4つ

 

【取材協力】

芝崎裕子・・・“予約が取れないエステサロン”で有名な『Salon de Demain(サロン ド デュマン)』店長。結果重視の施術と、力強いストロークのオリジナルのマッサージ、サプリメントにもファンが多く、これまでに2万人を超えるお客様のダイエットをサポートしている。