これだけでメイクがうまくいく!小さな成功のコツ5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、メイクがうまくいかないことはありませんか? 始めは雑誌などを参考に丁寧にメイクをしていても、だんだん慣れてくるとどうしても雑になり、仕上がりがいまひとつになってしまいます。

今回は、筆者が化粧品メーカーで勤務していたときの知識を元に、“これだけ押さえればメイクの仕上がりが変わってくる”ちょっとしたコツを5つお伝えしたいと思います。

 

■1:眉毛は最後に

みなさんは、ベースのあと、どこからメイクを始めますか? まずアイブロウから書いている方は要注意!

アイメイクの前にアイブロウを書いてしまうと、バランスが悪くなりがち。せっかくデカ目メイクをしても、バランスの悪いアイブロウのせいで目立たなくなってしまうことも。

目とのバランスを見ながら、太さや長さ、ぼかし具合を決めると上手に仕上がるので、眉毛は最後に書きましょう。

 

■2:下まぶたの粘膜にパール

下まぶたの内側の粘膜に、パールの入ったホワイトでラインを引くと、目を大きく潤んだように見せることができます。これだけで、印象がパッと明るくなります。

また、黒のアイライナーで目をぐるっと一周させてしまっている方は、黒のひきしめ効果で目を逆に小さく見せてしまっています。

下のラインは、パールホワイトで引いたラインの下に、茶色やゴールドのアイシャドウを薄くのせ、目尻だけ濃いめに描くようにしましょう。下の目頭から2mm程度、黒ラインを入れてもOKです。

 

■3:チークは黒目の下まで

チークは付属の小さいブラシでは書きづらいので、丸っぽい大き目ブラシを使うとよいです。

笑ったときに一番高い位置から書きはじめますが、そこに小さい丸を描くだけではキレイに見えません。そこからブラシでぼかしながら広げ、内側は黒目の下あたりまで広げます。

外側へは、顔の形にもよりますが、丸型に近い方はやや上に向かってぼかし、面長に近い方は横長にぼかすように広げると、小顔に見せることができます。

 

■4:目か口元のどちらにポイントをおくか決める

目もパッチリ、口もしっかりメイクすると、なんともくどい顔になってしまいます。くどい顔にならないためには、目か口のどちらにポイントをおくか決めてからメイクをするとよいでしょう。

目をデカ目メイクにするのであれば、リップは控えめでヌーディーなカラーに。リップに赤などはっきりしたカラーでしっかりメイクするのであれば、アイラインは細めに、アイシャドウも薄いイエローやベージュで仕上げましょう。

 

■5:大き目鏡を使う

メイクをするとき、小さな鏡でメイクしていませんか? 小さな鏡でメイクすると、全体のバランスが見にくくなってしまいます。

また、鏡台を窓際に置いていると、外の光が差し込んでくるので、窓側の半顔が濃くなりがち。ライトがついていれば問題ないですが、顔にあたる光にむらがある場所でのメイクはおすすめできません。

大きな鏡で、光がまんべんなく顔にあたる位置でメイクをしましょう。

 

メイクのマンネリから抜け出すために、この5つのポイントに注意してメイクしてみてくださいね。

 

【メイクテク特集】

※ 男性が喜ぶ目元になれる!薄め「アイメイク」のコツ4つ

※ 「時代遅れメイク」卒業!古臭い顔を新しく見せる方法

※ メイクを長時間しっかりキープ!崩れない「一流テク」3つ

※ 今よりもっと「可愛い女」になれる!愛され顔メイクのコツ

※ あらゆる男性にモテる!流行の「薄盛りメイク」成功テク