たった3分で4歳若返る!大人の盛り髪スタイリング術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに同級生が揃った同窓会。みんな同い年のはずなのに、ぐっと若く見える人がいたかと思えば、逆に老けた印象の人がいたり……。そんな『見た目年齢』を決定づける大きな要因はズバリ『髪印象』なのです。

そこで今回は、ほんのひと手間で若々しく見せるためのテクニックをご紹介。資生堂ヘアメーキャップアーティスト・上田美江子さんに、頭頂部をボリュームアップさせて若々しく見せるヘアスタイリング術を教わります!

 

■下の写真の女性。どちらが若々しく、素敵に見えますか?

年齢を重ねるごとに気になってくるのが、あごのたるみやほうれい線ですよね。でも、それを隠そうと髪を内巻きにして覆うのはかえって逆効果。人間の視線はボリュームがあるところに行く傾向があるので、髪で隠そうとすればするほど、かえって悩んでいるところに視線を集めることになってしまうのだそう!

また、人間の顔は赤ちゃんや子どものように目の位置が全体のプロポーションの中で下の方にある方が若い印象を与えます。

肌悩みから目線をそらして若々しく見せるには、右の女性のように頭頂部にボリュームを持たせるのが正解。朝、たったの3分で簡単にできるテクニックを学びましょう。

 

■頭頂部をボリュームアップして4歳若返る!? 上田流ヘアスタイリング


1. 根元をしっかり濡らす

コットンに水を含ませ、髪の根元をしっかり濡らします。コットンを使えば均等にまんべんなく濡らせ、顔に水がかかることなく乾かす時間も短縮できます。


 

2. ドライヤーで乾かす

ドライヤーを動かしながら、毛流れに逆らい、下から上へ空気を入れるように風をあて、根元をしっかり立ち上げます。


 

3. ブラシで立ち上げる

ブラシですくうように根元の髪をとり、ドライヤーの温風をあてます。2~3秒待ってから、毛流れの方向にそってやさしくブラシを動かしていきます。

 

4. スタイリング剤の付け方のポイント

根元の立ち上がりや自然なボリュームをキープするためには、スタイリング剤は髪の内側から塗布するのがポイント。手のひら全体にスタイリング剤を広げてから、髪の内側に手を入れて塗布すれば均一につけることができます。

いかがですか? これなら忙しい朝でも、ものの3分もあれば実践できそうですよね。次の同窓会に備えて、ぜひマスターしておいて!

 

【資料提供】

※ 資生堂