たまに「顔が大きくなっているように見える」驚くべき理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美人の条件に必ず挙げられるのが“小顔”であるということ。しかし顔を小さくするのは、太ったお腹を引っ込めるより何倍も難しいですよね。

特に顔の大きさについては悩んでいなかったのに「最近顔が大きくなった」と感じている方もいるはず。そこには、驚くべき理由があったのです!

今回、有名専門家たちに日々取材を行っている筆者が、顔を大きくさせてしまう悪習慣を解明し、簡単に自分で小さくするためのツボをご紹介します。

 

■ストレスが増えて頭が疲れると、顔は大きくなる!

顔が大きくなったように感じる理由は、大きく分けてふたつあります。ひとつめは、加齢や体重の増加により顔に肉がつくため。

首から顔にかけてのラインが変化するなど、顔のなかでも特に下部分が大きくなるのがこのタイプです。顔だけではなく、全身引き締めることによって顔も自然にキュッと引き締まるため、ダイエットで小顔も手に入ります。

問題なのは、もうひとつのタイプ! 長時間のパソコン作業など、体がストレスを感じている方は頭や首がこるためリンパのめぐりが悪くなります。

すると顔全体がむくんでしまい、さらに頭蓋骨が広がりやすくなるため全体的に顔が大きくなってしまうのです。

 

■首のコリを解消し、むくみ対策のツボを意識するだけで小顔に!

疲れにより大きくなった顔を、小さく戻すにはリンパの流れをスムーズにする必要があります。

首や肩甲骨を大きくまわすことで、まずは頭から肩にかけてのコリを解消。さらに特にコリ固まった部分をほぐします。

仰向けに寝ると、首の左右に筋が出ます。そこを大きくつかんでグイグイとマッサージします。気持ちいい、少し痛いと感じる部分をヒントに自分のコリのポイントを探しましょう。

さらに首の裏筋を、髪の毛の生え際から肩にかけて上からスーッと流して。オイルなど滑りやすいものを塗布してから行うのがオススメです。

また、顔周りのむくみにはツボ押しが効果的。唇とあごの間にあるくぼみをグッと押します。

そして首にかけての下あご(少しくぼんでいる部分)も同じように押しながら左右耳に向かって押し流します。あご周りのむくみがスッキリするだけで顔の印象は大きく変わります。

 

顔周りのリンパの流れが滞ると、むくみだけではなく肌代謝も悪くなり吹き出物や乾燥の原因にも。

オフィスでの休憩時間や自宅でのスキンケア時に、ぜひ自分でできる小顔対策を取り入れてくださいね!

 

【小顔シリーズ】

みんなに「小顔になったね」と言われちゃう最強ヘア10個

面倒くさがり屋さん必見!一瞬で「小顔」になれるテク5つ

少しの手間でできる!理想の「小顔」を手に入れるコツ5つ

※ 使うのは手だけ!顔がシュッと引き締まる簡単テク4つ

※ 鏡を見てビックリ!スッキリ小顔になれる究極の裏技2つ