ほとんど無料でできちゃう!全身が若返る超簡単テク5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス人は、私たち日本人よりはるかに倹約家な人が多いです。歴史的建物や景観を大切にしてきた文化からか、新しいものを買う前に、あるもので何とかまかなえないか考えるのが一般的。

美容法においても、まず家にあるもので何とかならないか考えるのがフランス流。フランスの美容サイト『Femmezine』でも、多くの節約美容法が紹介されています。

今回は、『Femmezine』より、フランス人が実践している全身ケア方法を5つご紹介します。

 

■1:オリーブオイルと砂糖で手が若返る

家事をする手は、お手入れを怠るとどんどん年齢が表れてきます。「ハンドクリームだけじゃ足りない」とスペシャルケアアイテムを買う前に実践したいのが、オリーブオイルと砂糖を使ったマッサージ。

スプーン1杯のオリーブオイルに砂糖を少々くわえ、くるくる小さな円を描くように5分間マッサージします。その後きれいに洗い流せば、肌がやわらかく、しっとりしたのを感じられます。その後、いつものハンドクリームをつければ、完璧!

食器洗いのついでに行ってみてください。

 

■2:もろくなった爪にはレモン水

『美レンジャー』の過去記事「もろくなった爪を自宅で簡単に復活させる意外なテク2つ」でも紹介しましたが、ジェルネイルで爪がもろくなってしまったり、爪が割れやすいときに行うとよいのが、塩水とレモン水を使ったネイルケア。

やり方は簡単。お湯に塩かレモン果汁を少々くわえ、爪を浸すだけ。続けると爪の回復が早くなりますよ。

 

■3:バスタオルをかぶってスチーム効果

高価な美容スチーマーを買わなくても、家にあるもので十分だというフランス人。

沸かしたお湯にアロマオイルやハーブを入れ、バスタオルを頭からかぶりながら、鍋をのぞきこむように顔を近づけます。蒸気が逃げないようにしっかりバスタオルをかぶり、アロマオイルやハーブの香りを楽しみます。

しばらくすると汗が出てきて、デトックス効果も。タイムなどのハーブを家で育てれば、コストを大幅に抑えられます。

 

■4:はちみつ砂糖スクラブで全身つるつる

はちみつと砂糖が使われているスクラブが売られているのを見たことある方も多いのでは? 売っているものを、「これなら自分で作れるんじゃ?」という発想をするのがフランス人。

はちみつには保湿効果もあり、砂糖と混ぜるだけで立派なスクラブに。塩と違って肌に浸みにくいので、全身に使いやすいです。気になる部分の角質ケアに使ってみてください。

 

■5:卵のヘアパックで髪が輝く

ちょっと勇気がいるかもしれませんが、たんぱく質やビタミンが豊富な卵を使ったヘアパックは、髪の補修に良いようです。

卵1つに、オリーブオイル大さじ1、はちみつ大さじ1を混ぜ、髪になじませます。シャワーキャップやタオルなどで髪を包み、20分置きます。そのあと洗い流せば、髪に輝きが出るでしょう。

 

いかがでしたか? これ以上コスメにお金をかけられないけど、スペシャルケアをしたい方、ぜひフランス人の美容テクを参考にしてみてくださいね。 

 

【若返りシリーズ】

※ 若く美しく見られる!輝く「デコルテ」を手に入れる方法3つ

※ 驚くほど簡単!手っ取り早く「若返れるテクニック」5つ

※ 飲むだけでOK!若返りに効く「サプリメント」ベスト3

※ これが若さの秘訣!いつまでも美しい女性でいる方法5つ

 

【参考】

Conseils de beaute – Femmezine