これで鼻スッキリ!アロマのプロが教える花粉症対策3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くしゃみや鼻水が止まらなかったり、激しい目のかゆみに襲われたりと、春は花粉症の人にとって辛い季節ですよね。症状を和らげるには、鼻の通りを良くしたり、鼻や目の粘膜の炎症を鎮めたりするケアが必要です。

そこで取り入れたいのがアロマテラピー。香りの効果で、花粉症特有の不快感をスッキリさせましょう!

今回は、国際アロマセラピストの長堀富三香さんに、花粉症対策におススメの精油とケア方法について教えていただきました。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

■プロが教える“花粉症対策にいい”精油

「精油の中には、花粉症の症状を緩和してくれるものがいろいろある中で、おススメなのがユーカリ。

心に活力を与えるようなシャープな香りで、花粉症による鼻づまりを和らげてくれます。花粉症の方は1本用意しておくとよいでしょう」(長堀さん)

ユーカリの他には、ラベンダーやペパーミント、ティートゥリー、ローズマリーといった香りもおススメとのこと。では、それらの香りを具体的にどのような方法で取り入れたらよいのでしょうか?

長堀さんが提案する精油を使ったケア方法は以下の通りです。

 

■精油を使った鼻のムズムズ解消法3つ

(1)くしゃみ・鼻水を緩和する蒸気吸入

マグカップに約65~75度(湯気が軽く上がる程度)のお湯を張り、ラベンダーかユーカリなどの精油を2~3滴落とし、鼻に近づけて香りを吸引。症状が緩和されるまで一日数回行いましょう。

(2)外出先で行いたい手軽な芳香浴

外出先などで、くしゃみや鼻水が止まらない時に手軽にできるのが、ティッシュペーパーやハンカチにユーカリ、ペパーミントなどの精油を1~3滴落とし、必要な時に鼻に近づけて吸入します。

(3)アロマスプレーをマスクにシュッ!

鼻が詰まってつらい時は、精油の入ったアロマスプレー(※)を作り、マスクにシュッとひと吹きしましょう。香りの効果で、気分転換できます! 

※アロマスプレーの作り方

[材料]

・無水エタノール・・・5ml

・精製水・・・45ml

・お好きな精油・・・10滴

[作り方]

ガラス容器に無水エタノール、精油を入れて混ぜ、さらに精製水を加えて混ぜ合わせ、スプレー容器に入れたら完成。精油は、ティートゥリーやユーカリを単独または、ブレンドして使うのがおススメです。

 

アロマテラピーというと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、今回ご紹介したケア方法はどれも、簡単に実践できるものばかりです。不快な症状にお困りの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

【花粉症シリーズ】

※ 実質0円でできる!ビックリするほど簡単な「花粉ケア」

※ 「花粉症デビュー?」って時にやらないといけないこと6つ

※ やっちゃダメ!花粉症を悪化させてしまう「NG習慣」5つ

※ 実は花粉症も影響!? 超意外な「春特有の肩こり」要因3つ

※ 花粉症対策用「マスク」実は高い物より安物が効果的だった

 

【取材協力】

※ 長堀富三香・・・英国IFA認定アロマセラピストなどの資格を取得後、渡英。帰国後、アロマテラピーとストレッチングを融合させた“ストレッチアロマ”などを提唱。

※ マギー ティスランド