今すぐ走りたくなる!ランニングが10倍楽しくなるコツ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに東京マラソンが始まりました! 日頃から走っている方も、そうでない方も、ランニングという言葉を耳にする機会が増えますね。

そこで今回は、アシックスランニングクラブコーチの池田美穂さんに、マラソンをする楽しさと美容への影響などをうかがいました。これから走ってみたいと思っている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■1:自然の多いところでゆっくりなペースで

ストレスをためずに、無理なく楽しめるペースでゆっくり走りましょう。好きな音楽を聴きながら走ったり、自然の多いところへ行ってたくさんの空気を身体にいれます。

走ることで1日の消費カロリーが増えると、筋肉が付き基礎代謝があがるため、体重やボディラインの変化が楽しみになります。

ランニングで得られるリフレッシュ感は心身ともに影響します。「脳内の整理ができ1日を快適にすごせるようになりますよ」と池田さんはいいます。汗をかくことで適度な疲労を感じて、夜はぐっすり眠れるようにもなるそうです。

 

■2:最初は走ったり歩いたりでOK

まずは30分程度のウォーキングからゆっくりはじめましょう。走ったり歩いたりを繰り返し行い、基礎体力を作ってから少しずつ走る距離を延ばして行きます。

「繰り返すことで走れる時間が長くなり、自分の成長を感じることができますよ」と池田さんはいいます。

走り方をコーチやトレーナーに教えてもらってから走ることで、怪我の予防につながります。例えばアシックスストアのレベルアップクリニックには、1,500円で参加することができます。こういった機会を利用してみましょう。

 

■3:足に合った靴を選んで

自分のサイズを知ってから、足に合ったものを選びましょう。つま先に余裕があり踵がフィットしているものを選びます。

ランニングシューズは走る速度によって履く靴が変わるので、専門のスタッフに相談して実際に履き試しをしてから購入することをおすすめします。

正確な計測をしてくれるストアで、アドバイスを受けながら選ぶとよいですね。

 

いかがでしたか? 走り始めから無理をしないことが大切なようです。みなさんも春になる前に挑戦してみては!?

 

【運動シリーズ】

※ 激しい運動は不要!実は「食事を一日五回にする」と痩せる

※ 運動不足によって起こる恐ろしい「機能障害の予防法」4つ

※ 都市伝説「運動やめると筋肉が脂肪になる」は本当だった!

※ 危険!運動前に「やってはいけない」NGストレッチがあった

※ なんと有酸素運動を続けると逆に太りやすい体質になる?

 

【参考】

※ 池田美穂・・・アシックスランニングクラブコーチ。東京マラソンやホノルルマラソンなどの市民マラソンから、横浜国際女子マラソンなどの国際レースまで、多くのレースに出場経験を持つ。美容と健康維持のため、また自己表現の手段として、日々ランニングを楽しんでいる。

※ アシックスジャパン