あらゆる不調がスッと楽に!5分でできる超簡単ストレッチ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マッサージにもさまざまありますが、リンパの流れをよくすることで体調を整え、むくみ防止にもなるリンパドレナージュ(リンパマッサージ)をご存じですか?  

今回は五反田にあるサロン『Kouran』のオーナーである柳田小百合さんに、自宅でできるリンパに良い簡単な運動を教えていただきました。

過度な運動を週に1度続けるよりも、日々持続できるちょっとした運動を取り入れるほうが効果的! コツを覚えて取り入れてみましょう。

 

■1:椅子に座って股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくすることはアンチエイジングにも効果的です。大きなリンパの流れをさまたげないためにも、柔軟な股関節を作りましょう。

(1)両足を床につけて膝の角度が90度になるように椅子に深く腰掛けます。

(2)右足首をくるぶしが左ひざの上にくるように置きます。足は4の字を上からみたような形に。直線部分が左足です。

(3)大きく息を吸って吐きながら上半身を前に倒します。

(4)顔が右足に近づくように、右膝が浮き上がらないように押さえながら行いましょう。

(5)慣れてきたら右膝のほうへ上半身を倒したり、角度をつけて股関節まわりをほぐすし、逆の足も同じようにやってみましょう。

 

■2:簡単な足上げで基礎代謝を上げる方法

室内でソファの肘掛け部分やベッドの角など、低い角をみつけたらその上で足上げをする癖をつけるようにします。「運動のためにわざわざ時間を割かなくても、ちょっとした習慣を毎日続けるほうが効果的です」と柳田さんはいいます。

(1)低めの角の横で左足を軸足としてまっすぐ立ちます。

(2)軸足に体重を乗せながら右膝を曲げて、右脚の付根から上へひきあげ、低い角の上を通します。

(3)左右を逆にして同じことを5回ずつ繰り返します。

 

■3:肩こりにも効く肩甲骨周りをほぐす方法

パソコンを長時間見続けると姿勢は前のめりになりがちです。この姿勢では左右の肩甲骨は開いた状態になりますよね。これが肩こり凝りや血行不良の原因にもなります。

(1)両手を左右にまっすぐ伸ばし大きく広げる

(2)腕を広げたまま雑巾絞りのように腕全体を前にまわしてねじったり後ろにねじったりする。

 

どれも数時間どころか、数分やる必要もありません。「思いついたときに2〜3回やることを習慣にするだけで体が楽になりますよ」と柳田さん。みなさんもぜひ実践してみてくださいね!

 

【関連記事】

※ 今すぐ走りたくなる!ランニングが10倍楽しくなるコツ3つ

お金をかけずに「メリハリボディ」になれるスゴイ方法4つ

寝たままでOK!老化で緩みがちな「骨盤底筋」を鍛える方法

意外とみんな知らない「ダイエットを成功させる」コツ5つ

※ お風呂に入るだけで超簡単にストレスが吹き飛ぶ魔法のテク

 

【参考】

※ リンパコンディショニング協会