実質0円でできる!ビックリするほど簡単な「花粉ケア」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、今年も花粉症シーズンが到来! しかも今年は例年とは状況が違います。

今、中国で問題となっている有害物質PM2.5。

なんと、花粉が中国から飛来するPM2.5と反応し、より小さな有害微粒子となって花粉症症状を悪化させるだけでなく、様々な健康被害をもたらすとも言われています。

それだけでなく、花粉の飛散量は例年の数倍以上と予想されており、通常の花粉症患者にとってもかなり辛い状況。今のうちからしっかりとした対策が不可欠です。

そこで今回は基本的な花粉対策に加えて、簡単ケアについてご紹介します。

 

■花粉対策の基本おさらい

(1)花粉を家に持ち込まない

花粉は玄関に入る前に、キレイに落とすことを心掛けましょう。できればブラシなどで花粉を払ったあと、衣類用粘着テープで花粉をオフすると効果的。

(2)花粉が付きづらい服装を選ぶ

花粉が付着しやすい素材の服は、ニットやウール、フリース素材など。だんだんとコートが不要な気温になりますが、極力ニット一枚で外に出るのは控えましょう。

花粉が付きづらい服は、サテンや表面がナイロンのツルツルした素材。もしくは、気軽に洗える綿素材の服で、小まめに洗濯するように心掛けましょう。

(3)内側から花粉症対策する

シソやてん茶、乳酸菌、トマトなど、花粉症症状緩和に役立つものはたくさんありますが、どれも急に摂り始めてもなかなか効果が出にくいもの。花粉症症状が深刻化する前に、サプリメントなどで毎日続けて摂取するようにしましょう。

 

■外出前のクリーム

基本対策を行いつつ、次にご紹介したいのは、花粉症予防や症状が出てしまった時に役立つ、自宅にあるアイテムで手軽にケアできる方法です。

それは、花粉が侵入しやすい鼻の周辺に、手持ちのクリームや美容オイルを塗るだけ。肌や粘膜に直接花粉が付着するのを防ぎます。この時期気になる乾燥による肌荒れも防げて、一石二鳥! 

さらにマスクをして外出すれば、対策は万全対策です。香り付きマスクも発売されていますが、マスクに手持ちのローズマリーやペパーミントなどのアロマオイルを含ませておくと、鼻通りもよくなって快適に過ごせるはず。

 

■使用済みティーバッグでアイケア

目がかゆいときは、紅茶などの使用済みティーバッグを冷まして、まぶたの上に1分間あてておけばスッキリします。これなら、実質0円なので、すぐできますよね。

ちなみに、目の周りの皮膚は薄いので、むやみにかいてしまうとさらに目の周りが荒れて、症状も悪化する可能性があるので要注意。

コンタクトをしている人は、外出後はすみやかに外して洗浄するか、ワンデイ使い捨てタイプのものを選ぶのがオススメです。

 

既に花粉症の人も、そうでない人も、今年は十分に気を付ける必要がありそうです。花粉だけでなく、PM2.5対策も含めて外出時のマスク着用は必須ですが、鼻の部分にもしっかりフィットさせて、外敵の侵入を徹底的に防ぎましょう!

 

【花粉症シリーズ】

※ 「花粉症デビュー?」って時にやらないといけないこと6つ

※ やっちゃダメ!花粉症を悪化させてしまう「NG習慣」5つ

※ 実は花粉症も影響!? 超意外な「春特有の肩こり」要因3つ

※ 花粉症対策用「マスク」実は高い物より安物が効果的だった

※ 生トマトはNG?花粉症を悪化させる「意外な食べ物」12個