驚くほど健康効果がある「納豆」の超おいしい食べ方9つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本古来の食べ物である納豆。特有のにおいとネバネバ感があるので、好き嫌いが大きく分かれる食品ではありますが、常に美を探求している『美レンジャー』読者の皆様なら、その納豆の効能は熟知しているはずです。

今回は改めて納豆の健康・美容効果をおさらいし、全国各地の納豆の食べ方をご紹介します。

 

■納豆の驚くべき健康・美容効果とは

以前も「1パックで冬の動脈硬化を予防!納豆の意外すぎる健康効果」の記事でお伝えしたように、納豆は栄養バランスに優れた食品で、ナットウキナーゼという酵素によって、強力な血栓融解作用(血液サラサラ効果)があるんだとか。その健康効果には目を見張るものがあります。

またご存じの通り、一時期美容に効果があることからイソフラボンブームの火付け役にもなりましたが、納豆には女性ホルモン・エストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているので、日頃のホルモンバランスを保つにも最適。

また、リノール酸といった体内では合成できないため必須脂肪酸等も含まれており、血中コレステロール値を下げる効果や動脈硬化防止作用を期待でき、内側からのアンチエイジング効果もあるという、まさに自然の美容薬とも言えそうです。

 

■全国の納豆のおいしい食べ方

そんな日本人の美と健康の源である納豆の食べ方ですが、醤油と辛子をを入れてかき混ぜ、ご飯にのせて頂くというのがポピュラーかと思いきや、地域によって様々な食べ方で親しまれているようです。

調べてみたところ、こんなおいしい食べ方がありました!

(1)ハクサイの漬物を入れる/ 福島県

(2)味噌汁に入れる(納豆汁)/山形県/岩手県/秋田県

(3)雑煮に入れる(納豆汁)/熊本県/福岡県

(4)刻んだ切り干し大根を混ぜ込んで醤油で味をつける(そぼろ納豆)/茨城県

(5)天日干しする(干し納豆)/茨城県

(6)塩と糠をまぶして鉄鍋で炒る(塩納豆)/山形県/高知県

(7)ごま油、ショウガ、ニンニクで炒めた鶏の挽肉と和える(スタミナ納豆)/鳥取県

(8)チーズ、パセリ、醤油、砂糖を加えて混ぜる(納豆あえ)/愛知県

(9)馬肉を和えて醤油で味をつける(さくら納豆)/熊本県

関東の人はちょっと変わった食べ方に感じてしまうものが多いですね。しかし、ただ混ぜるだけのものはすぐにできて美容にもよさそうなので、試す価値がありそうです。

 

いかがでしたか? これらは郷土料理として有名なものもあり、納豆がいかに私たち日本人の生活に根差した食品かということが分かりますね。

早速、今夜食べる納豆はいつもと趣向を変えて違う一品に変身させてみては? 新しい発見があるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 人気タレントが31kgも痩せた「スゴすぎる食べ物」とは?

※ 日本一「美肌な有名人」綾瀬はるかの肌になる食べ物5つ

※ 意外とみんな知らない「みかん」の驚くべき健康効果まとめ

※ 今が旬!ギンナンに驚きのエイジングケア効果があると判明