超簡単!通勤中にできる「効率のいいエクササイズ」8つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「忙しくてなかなかエクササイズができない」「通勤時間が長くて、帰宅するとヘトヘト」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方にご紹介したいのが、通勤時間を利用したエクササイズです。ほんのちょっとの努力でも、毎日続ければ効果は絶大! 通勤時間をムダにしないためにも、ぜひ以下のエクササイズを取り入れてみてください。

 

■電車でエクササイズ

(1)吊革につかまって二の腕シェイプ

たるんたるんの二の腕では、春夏の洋服を楽しめません。冬の今からコツコツ二の腕シェイプしちゃいましょう。やり方は簡単。吊革をつかみ、腕をできるだけ後ろに引くだけ。余裕のある方は、力こぶしを作るように二の腕に力を入れてみてください。普段、腕の筋肉を使っていない方は、次の日筋肉痛になりますよ。

 (2)座席に座って内ももシェイプ

座席に座れたら、内ももシェイプのチャンスです。座った状態で足先をクロスし、膝と膝で押し合います。エクササイズをしているように見えないので、公共の場でも安心です。内ももがしっかり硬くなっていればOK。左右交互に行いましょう。

内ももが鍛えられ、内ももを普段からうまく使って歩けるようになると、O 脚や骨盤の歪みの改善、太もも全体のシェイプアップができますよ。

(3)かかと上げ下げで代謝アップ 

ふくらはぎは第2の心臓。ふくらはぎを鍛えて筋肉量をアップすることで、心臓へ血液を送り返すポンプの働きが強くなり、むくみを改善したり、代謝をアップすることができます。

電車内で立っているときは、かかとの上げ下げをしてみましょう。動きが目立って恥ずかしい場合は、かかとを上げたままキープ。疲れたら下げて、しばらくしたら上げる、を繰り返してください。これだけでも十分鍛えることができます。できるだけ、体を電車の進行方向に向けて立って行ってくださいね。

(4)通勤はエクササイズシューズで

いろんなメーカーから、エクササイズシューズが発売されています。歩くだけで、自然にバランスをとりながら多くの筋肉を使うことができるので、脚やヒップを鍛えることができるというシューズです。オフィスでは履けない方も、通勤時だけでも履いてみると、これまでよりもぐっと運動量が上がりますよ。

 

■車でエクササイズ

(5)座席を倒して腹筋トレーニング

座席を倒し、もたれられないようにします。腹筋に力を入れて姿勢をキープ。お腹の中の筋肉を引き上げるようにすると安定します。よい姿勢をキープできない方は、腹筋が弱っている証拠。毎日繰り返して、腹筋を鍛えましょう。

(6)表情筋のエクササイズ

車は電車と比べて他の人の視線が気になりにくいので、表情筋のエクササイズもおすすめです。表情筋のゆるみは、ほうれい線の原因に。毎日表情筋を鍛えて防ぎましょう。

やり方は、舌を上下の歯の前に沿ってグルグル動かすだけ。上左奥歯から上前歯を通って上右奥歯へ、下右奥歯から下前歯を通って下左奥歯へ。右回り左回り、それぞれ同じ回数を疲れるまで行ってください。10回未満で痛くなる方は、表情筋がゆるんでいるので要注意です。

(7)座るだけでOKな骨盤矯正クッション

長時間同じ姿勢で運転しているとお尻が垂れていったり、悪い姿勢で運転していると骨盤がどんどんゆがみます。通勤時間が長い方や、長時間車に乗る仕事の方は、骨盤矯正クッションを車に置きましょう。骨盤矯正クッションは、ムック本や雑誌の付録などでも手に入ります。

(8)太もも上げエクササイズ

信号待ちの時間は、パーキングにしてサイドブレーキを引き、太もも上げエクササイズです。太ももに両手を当てて押し込みます。太ももは手の力に負けないように上にあげます。大きな筋肉である大腿筋が鍛えられるので、脂肪燃焼を助けてくれますよ。

 

いかがでしたか? 通勤時間を有効に使って、キレイになっちゃいましょう!

 

【関連記事】

※ すぐ簡単にできる!全然つらくない究極ダイエット6つ

※ 「食べても食べても満足できない」意外すぎる原因5つ

※ だから痩せない!ダイエットが成功しない「NG習慣」25個

※ 超簡単!1週間で4.5キロ痩せられる「8時間ダイエット」

※ ズボラな人でも「たった8分で痩せられる」お手軽ダイエット