厚塗りは時代遅れ!古臭い顔をキレイに垢抜けさせる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「きれいなのに、なんだか垢抜けないなぁ」街やオフィスでそんな女性を見かけることはありませんか? そう思ってしまう大きな原因は、”厚いベースメイク”にありました。

時代は”盛り”から”ナチュラル”メイクへと急速に移行中。ファンデーションだけで粗をカバーしようとするメイクは厚塗りを招き、古くさい顔になってしまいます。

今回は、美容ライターで”道徳美容“の提唱者でもある筆者が、旬の顔になれる“正しいベースメイクの方法”をご紹介します。

 

■1:下地とコンシーラーで整える

肌の凹凸をなくし、ファンデーションの乗りと持ちをよくしてくれるのが下地。色ムラをカバーするのがコンシーラーです。

これらのカバーをすべてファンデーションだけでやろうとしていたのが、今までありがちな厚塗りメイク。ファンデーションを塗布する前に肌ムラは克服し、ファンデーションはごく薄く塗るのが正解です。

コンシーラーはリキッドなら後、パウダー派なら前に塗ります。粉ものをはたく前に使うと覚えておきましょう。

 

■2:道具とテクスチャー

自分の肌に合っていると思っている素材でも、今一度プロに選び直してもらうのも良いでしょう。手の甲に乗せたときリキッドなら伸びとツヤを、パウダーなら粉がふかないかなどをシワの多い親指の付根で試します。

・リキッド

水分量が多くツヤっぽく透明感のある仕上がりに。素材によってマット仕上げにも。

・パウダー

軽い薄づきでナチュラルに仕上げたい人向き。乾燥肌の人は密着感の強いものを。

・BBクリーム

美容成分配合で肌に優しく下地とファンデーションの機能を兼ねるので時短に。

おすすめの道具はファンデーションブラシです。キメの上へ均一にフィットさせることができます。小鼻など細かい部分はスポンジを折って密着させ、余分な皮脂を取り去りましょう。

 

■3:フェイスラインはつけない

ファンデーションは、顔の中心となる鼻・目の周り・頬・唇の周りは比較的きちんとつけますが、顔の側面はつけないイメージを持ちましょう。

リキッドなどを点置きするなら骨の高い部分へ。そこから内→外になるように薄く伸ばします。

フェイスラインの素肌とファンデーションをうまく馴染ませぼかせれば、首とのカラー相性もばっちりです。顔の端から端までをマットに仕上げると、美しいけれどとっつきにくい印象になります。

 

いかがでしたか? 気合いが入るほど少し厚めになってしまいがちなベースメイクですが、手順を確認するだけで旬顔になれます! 明日の朝にメイクをするときに思い出してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 男性が喜ぶ目元になれる!薄め「アイメイク」のコツ4つ

※ 「時代遅れメイク」卒業!古臭い顔を新しく見せる方法

※ メイクを長時間しっかりキープ!崩れない「一流テク」3つ

※ 今よりもっと「可愛い女」になれる!愛され顔メイクのコツ

※ あらゆる男性にモテる!流行の「薄盛りメイク」成功テク