意外とみんな知らない「身近にあるアレルギー原因」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、鼻がムズムズしていませんか?

気象庁によると、今春のすぎ花粉の飛散量は、昨年と比べて関東地方は最大7倍と、大量の花粉が飛散すると発表しました。東北地方や北海道でも3~7倍飛散すると言われています。

2月に入り、すでに「何だかおかしいな……」と感じている人も多いようですよ。アレルギーは、花粉や黄砂・小麦粉・卵などが有名ですが、実はあまり知られていないアレルギーもあります。

 

■あまり知られていないアレルギー原因

(1)チョコレート

バレンタイン間近。実は、チョコレート(カカオ)に含まれるチラミンやテオブロミンは、アレルギーを引き起こす物質でもあります。

鼻の神経系を刺激することがあり、片頭痛のような症状の原因となります。普段から片頭痛もちの人は、十分気をつけてください。

(2)ワインやビール

ワインやビールは、発酵段階で亜硫酸塩が発生します。また、製造過程でも亜硫酸塩を添加します。

亜硫酸塩は防腐剤として必要な物質ですが、これが喘息などのアレルギー症状を引き起こしてしまいます。特に赤ワインには多く含まれています。

(3)携帯電話

携帯電話に使われる金属に反応してアレルギー症状を引き起こしまうこともあります。これは、携帯電話に使われている、ニッケルやコバルトが原因です。

接する顔や耳に発疹や赤み、痒みを引き起こし、腫れることもあります。特に、体が未発達な小さいお子様には気をつけたいですよね。

(4)香水

香水の香りを嗅ぐと、ついくしゃみが出る人もいますよね。香水には、合成香料として化学物質がたくさん含まれていますので、化学物質に過敏になりアレルギー症状を引き起こしていることもあります。

香水愛用者も、マナーも考え、つけすぎに注意したいですね。

(5)紫外線

晴れの日にアレルギー症状が出る人もいます。これは、日光に対して免疫系が過敏に反応している証拠。痒みや赤み、じんましんなどを引き起こしてしまいます。これから紫外線が増える季節に向けて、気をつけたいアレルギー症状です。

また、めまいや頭痛、息切れなどの症状を引き起こす、低気圧アレルギーもあります。天候の変化や曇りの日、雨の日にもアレルギー症状を引き起こす人もいます。

 

身近には、アレルギーを引き起こしてしまう原因がこんなにもあるんですね。

「何かおかしい」と感じたら、早めに診断を受けてください。また、傷跡が残ってしまわないように、掻きむしらないように注意してください。

 

【花粉症シリーズ】

※ 実は花粉症も影響!? 超意外な「春特有の肩こり」要因3つ

※ 花粉症対策用「マスク」実は高い物より安物が効果的だった

※ 驚愕!花粉症患者の6割以上が「多重花粉症」患者だった

※ 思い込みは危険!今さら聞けない「花粉症対策の落とし穴」

※ 魚や漬物がイイ?花粉症を緩和する「意外な食べ物」6つ