糖尿病にもいい「お酢」を美味しくゴクゴク飲む方法5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットや疲労回復によいとされるお酢は、近年の研究で健康への効果が高いと実証され、さらに注目が高まっています。

色々な効果があると言われていますが、実は、食後の血糖値の急激な上昇を抑えるため、糖尿病予防にも効果的なのだとか!

『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で、糖尿病少ない都道府県1位が高知県なのは普段からよくお酢を摂取するから、と伝えていました。

糖尿病は今や国民病とも言われているため、日々の生活で予防していくことが大切ですよね。そのため、普段からお酢を摂るようにしたいところ。

しかし、酸っぱすぎてゴクゴク飲めないのが最大の難点……。

そこでお酢を美味しく飲めるレシピを、料理研究家のオガワチエコさんに教えてもらいました。お酢が苦手な人は、必見ですよ!

 

■1:オレンジジュース+お酢

オレンジジュース200cc+お酢小さじ1で、オレンジジュースの酸味が増し、より爽やかさを味わえます。

 

■2:トマトジュース+お酢

有塩トマトジュース200cc+お酢小さじ1。トマトジュースが苦手な人でも、お酢の酸味で飲みやすくなります。酸っぱいのが好きな人は、お酢をもっと多くしても大丈夫です。

 

■3:カルピス+お酢

5倍の水で薄めたカルピス200cc+お酢小さじ1。お酢が入っていることがほとんどわからないので、苦手な人にもオススメできます。

 

■4:アップルティー+お酢

温かい紅茶にりんごの皮を浮かべると、香りのよい即席アップルティーができあがります。そこにお酢を加えると、その酸味でよりフルーツ感が増します。お酢の量はお好みを入れてください。

 

■5:ココア+お酢

ココアに少量のお酢をいれるのもいいでしょう。カカオにはもともと酸味があるので、意外とお酢の酸っぱさは気にならないものですよ。

 

いかがでしたか? 意外な飲み物とも相性が良いことが分かりましたね。それに、これならわざわざ高い健康食品を買わなくて済みます。お酢が苦手な人は少しずつ足して、味を見ながら調節してみてください。

ちなみに、食後の血糖値の上昇を抑えるには、食前や食事と一緒に飲むのがいいそうです。ぜひお試しくださいね!

 

【関連記事】

※ うつにつながりやすい「炭酸飲料」の超危険な飲み方7つ

※ 老けたくない人は飲んだ方がいい「美人ジュース」4つ

※ 美のカリスマ達が実際に飲んでいる「美人ドリンク」10個

※ ちょっと悩みがある時に「効果的なホットドリンク」5つ

※ 必見!飲めば飲むほど腸美人になれる魔法の飲み物15個

 

【取材協力】

※ オガワチエコ・・・ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールにて料理と製菓を学ぶ。大手百貨店の受付係として勤務しながら、仕事後や休日を利用して、和、伊、エスニック、仏菓子それぞれの専門店で調理を経験。退職後、ブログを通して依頼された新聞でのエッセイ連載にてライターデビュー。

料理研究家に転身した現在は、雑誌やテレビ、書籍等のフードコーディネートや監修、料理講師として活躍の場を広げている。『おうちで簡単!絶品B級グルメレシピ』(日本文芸社)等、監修したレシピ本も多数。Twitterは@ogawachieco

【写真】

大崎絵里耶