「辛いダイエット」はもう古い!食べて痩せられるもの7つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットは女性の永遠のテーマ。ダイエットをしていない時でも、常日頃カロリーは気になりませんか?

そんな時、減量を期待できる魔法のような食べ物があったら最高ですよね。そこで今回は、米情報サイト『Divine Caroline』で紹介された“減量を期待できる食材7つ”をご紹介します。

 

■あの人のダイエット法は?

スタイル抜群な女優さんも、ダイエットをして体型を維持しているようです。

例えば松嶋菜々子さん。産後、体重を戻すために、和食を中心とした食事にしたそうです。特に、きんぴらゴボウなど歯ごたえの良い物を食べるようにして、噛むことを意識し満腹中枢を刺激して、約1ヶ月で7kgの減量に成功。

また綾瀬はるかさんは、水を飲むことを心掛けたそうです。一日に常温の水を約3リットル飲んでいたそうですよ。

産後太り予防のために、土屋アンナさんは“妊婦鍋”を食べていたそうです。白身魚や豚肉、野菜、きのこ、しらたきをたくさん入れた鍋です。

食べ物を工夫してダイエットをしているんですね。

 

■減量が期待できる嬉しい食材

食べないダイエットは長続きしませんし、無理なダイエットはリバウンドが怖いですよね。食べ物を意識した減量に挑戦してみてはいかがでしょうか。

(1)卵

良質なたんぱく質を朝食に食べると、満足感が持続できることが分かっています。

その為、ランチが低カロリーで済むとか。ダイエットだからと朝食を抜くと、かえって空腹感を感じることがあります。手軽に卵焼きや目玉焼きを食べてみてください。

(2)ピスタチオ

脂質の多いナッツ類の中で太りにくいのが、ピスタチオ。食物繊維が豊富で腹持ちが良いので、空腹でどうしようもないときにはおススメです。30粒で約100kcalという低カロリーも嬉しいですね。

(3) ピザ

ちょっと驚きですよね。でも、薄い生地で、チーズがのっているだけのピザなら、一切れくらい問題はないようです。野菜をのせて食べるとバランスも良くなりますしね。

高カロリーなピザは避けがちですが、逆にストレスになることもありますので、食べ方を工夫することが大切です。

(4)緑茶

緑茶に含まれるカテキンは、体重管理に効果的。一日一杯で良いので緑茶を飲むようにしてください。

(5)ビートジュース

日本では珍しいビート。甜菜(てんさい)や砂糖大根(サトウダイコン)とも言われています。

単に“ビートを食べると痩せる”のではありません。ビートに含まれる硝酸塩が体を疲れにくくるすことが分っていて、結果、約16%もより長く運動できることが分かっていますす。ビートジュースを飲んで運動することをおススメします。

(6)リンゴ

「一日一個のリンゴは医者いらず」と言われるように、リンゴは健康に良いですよね。ランチタイムに、まずリンゴを一個食べると食事全体のカロリーを15%も減らすことができた、という調査結果が出ています。

(7)チョコレート

なんと、チョコレートでも減量を期待できることが分かっています。長期的な減量にはチョコレートが役に立ちますよ。

 

無理な食事制限のダイエットは、とても辛いです。しかし、楽しく食べながら理想の体型をゲットできれば嬉しいですよね。

日本では、ビートは手に入りにくい食材ですが、その他は簡単に手に入れることができます。少し食べ方を工夫して、リバウンドしにくい長期的なダイエットをしてみてください。

 

【関連記事】

※ 美容のために食べがちだけど「実は要注意な食べ物」5つ

※ 普段よく口にするけど実は「毒入りの危険な食べ物」5つ

※ 寒い冬に恋しくなる「体ぽかぽか極上カップ麺」ベスト5

※ 「厄年の人」必見!超簡単に厄払いできる黄金フード3つ

※ 濃厚で超おいしい!ご飯と合う最強「味付きニンニク」5つ

 

【参考】

Seven Foods That Help Lose Weight – Divine Caroline