美人の法則が発覚!「デカ目」と●●比率の関係とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンタインまでもうすぐ。一年に一度きりのイベントなだけに、自信のある自分で挑みたいですよね。

女性を可愛く盛ってくれるパーツといえば、なんといってもアイメイク! ただし、メイクはテクニックによって差が出てしまうので、「毎日プロのメイクさんバリの顔に仕上げたい」と思っていても、その腕が無いとなかなか難しいもの。

そこで、誰でもこの法則を守ればキレイになれる、“黄金比率”を使ったテクニックを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

■アイメイクの成功は“黄金比率”がカギ!

アイメイクを語る上で欠かせないのが、まつ毛。まつ毛の長さにも、黄金比率があることをご存知でしたか? そもそも黄金比とは、宇宙空間で最も美しい数値といわれるもので、“1:1.618”という対比で表すことができます。

それをまつ毛にも当てはめてみると、“瞳(日本人の平均は直径12mm)に対するまつ毛(黒目上の一番長い部分)の比率”は、“瞳:まつ毛=1.618:1”となるのです。

マスカラを目の中央から目尻にかけてを入念に塗りますが、目頭は疎かにしがちですよね。でも、実は目頭にも丁寧にマスカラを塗ることで、黄金比率のまつ毛に近づくことができるのです!

 

■瞳の黄金比率とは?

「瞳に関するアンケート調査」によると、日本人が“可愛い瞳”と感じる白目:黒目の比率は“1:2:1”。これが“瞳の黄金比率(R)”と考えられています。

そして、瞳を黄金比率に近付け、大きく見せることができるアイテムとして近年人気を博しているのが、コンタクトレンズです。

装用すると白目と黒目のバランスを黄金比率に近づける『ワンデー アキュビュー ディファイン』でも有名なジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、2013年2月6日(水)より、瞳の黄金比率をもっと気軽に楽しめるスペシャルサイトをオープン!

その名も、『瞳の黄金比率(R)コレクション』。

その全貌は、一般女性モデルをフィーチャーしたスペシャルサイト。全国7エリアから選抜された女性達のファッション、ヘア、メイクといった“大人かわいいレシピ”とともに、彼女たちの『ワンデー アキュビュー ディファイン』装用イメージが公開されます。

同時に全国7都市の交通広告とスペシャルサイトでは、謎の女性有名人3人の『瞳の黄金比率(R)』が登場する演出も。目元のアップ写真を見て、大人かわいい3人の名前を正解すると、抽選で『選べる大人かわいい体験ギフト』が当たるキャンペーンも展開しています。

 

さらに、自分の写真を使って1日使い捨てコンタクトレンズ『ワンデー アキュビュー ディファイン』の装用イメージが確認できるシミュレーターも同時に公開中!

今まで「瞳が大きく見えるコンタクトは気になっていたけど、不自然に見えそう」と、不安に思っていた方は、試してみるチャンスです。

どんなシチュエーションでもテクニックなしで可愛くなれるとは、女性にとって心強い限り。早速、黄金比率を意識した美容を取り入れてみては?

 

【参考】

スペシャルサイト「瞳の黄金比率(R)コレクション」 ‐ ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

まつ毛の黄金比率 「まつ毛ソリューションプロジェクト」 ‐ アンファー株式会社