これって石鹸?思わず食べたくなっちゃう甘~い香りのアロマソープ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチン発のアロマコスメブランド『ラ・パショナリア(La Pasionaria)』が日本に上陸! 東京・表参道ヒルズのすぐ裏手にある人気セレクトショップ『Covergirl in Yellow Ruby』でフルラインナップを購入できると聞き、さっそく行ってきました!

こちらが、『ラ・パショナリア』がディスプレイされているコーナー。まるでインテリア雑貨のような可愛いパッケージに目がクギづけ♪

アルゼンチンを代表するアロマコスメとルームフレグランスのブランドというだけあって、石鹸やバスソルト、アロマストーン、ディフューザーなどがズラリ。コーナー全体に、ふわっと良い香りが漂います。

 

中でも私が気になったのがアロマソープ。ココナッツ、アーモンド、アップルシナモンなど思わず食べたくなっちゃうほど甘くておいしそうな香りや、情熱的なラテンの雰囲気を漂わせる独特の香りなど、さまざまな香りが楽しめます! 毎日の洗顔タイムを至福のひとときにしてくれることウケアイ。

どれも本当に良い香りで目移りしてしまいますが、私はココナッツのソープをお買い上げしました!

『ラ・パショナリア ソープ(ココナッツ)』90g/1,050円(税込)

ふわふわの泡で、肌をやさしく洗い上げてくれます。甘い香りに癒されまくりで、もうすっかり夢中♪お値段も海外のナチュラル系ブランドにしてはお手頃だし、次はぜひバスソルトやディフューザーにも挑戦してみたい!

ちなみにアルゼンチン発のコスメというのはあまり例がないので日本では馴染みが少ないと思うのですが、アルゼンチンは南米でもヨーロッパ系移民の比率が高いためファッションやライフスタイルも洗練されていて本物志向が強く、とくに首都のブエノスアイレスは『南米のパリ』と呼ばれている程なんだとか。

もともと『ラ・パショナリア』は創業者のカリーナ・カバッサが独自のアロマブレンドで石鹸を作ったのがきっかけで生まれたブランドだと聞いて、アロマソープのクオリティの高さも納得です。

『ラ・パショナリア』のコスメは今回訪れた東京・表参道の『Covergirl in Yellow Ruby』のほか、名古屋・栄の『Citron』、京都・三条の『OUREN』でも買えるそう。今後は百貨店やセレクトショップでも販売開始予定なので、気になる人は『ラ・パショナリア』オフィシャルサイト(※)でチェックしてみて。

ぜひお気に入りの香りを見つけて、癒しのひとときを満喫してくださいね♪

 

【参考サイト】

※ 『ラ・パショナリア』オフィシャルサイト