朗報!桃井かおりが証明「30代の努力は報われる」とエール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「年齢を上に言いたくて仕方がない」という日本を代表する女優で、60代の桃井かおりさん。1月31日、自身がミューズを務めるスキンケアブランド『SK-II』のクロストークライブで、自身の美の秘訣について話しました。

現在61歳の桃井さん。4月で62歳を迎えるとは思えないほどの美貌と凛としたかっこいい佇まいで、圧倒的な存在感を放っていました! そんな年齢を感じさせない美しいオーラを持ち続けていられる理由を、トークから分析してお伝えしていきます。

 

■1:一番大事なのはメイク落とし!

「まずはメイクをきちんと落とすことが大事!」と語る桃井さんは、基礎化粧品でのシンプルなケアを何よりも重視しているという。そして、その徹底ぶりはスキンケアに限らず、19歳の頃から帰宅後、必ず下着を手洗いする習慣があるという。

■2:汗をかくこと

汗をかくことは美容にも健康にもいいといわれていますが、「サウナやお風呂などの蒸気で、顔の汚れを落とすといいですよ! 私は人生としても冷や汗をかいているし……」とユーモアを交えながら、桃井さんもお薦めする美容法だという。

■3:自分に必要なケアを理解

今でこそ、『SK-II』のミューズとして美容イメージが強い桃井さんですが、「私は27歳で初めて口紅を買った女」と語るように、意外にもプライベートでのメイクデビューは遅め。

しかし、自分に必要なケアの見極め力には長けていると言えます。「『SK-II』のアイテムで何を使えばよいか聞かれたときには、フェイシャルトリートメントエッセンスとマスクを一番にお薦めすることが多いですね」と美容部員さながらにコメント。

 

では、自分に適したケア方法が分からないとき、どうすればよいのでしょうか?

『SK-II』には強い味方があります! 全国の『SK-II』カウンターに順次導入している肌分析マシン『マジックリング』。

高解像度カメラで撮影したお客様の肌画像から、デジタルイメージ解析によって、クリアな肌に欠かせないキメ、ハリ、シワ、シミ、くすみ、ツヤそれぞれの要素を世界で唯一、同時に分析でき、さらに自分の肌の未来をシュミレーションできるマシンなのです。

桃井さんも、来場者の30代女性をステージに招き、肌測定に立ち会い。「『SK-II』は高いから、全部使うわけにはいかないでしょ(笑)。だからこそ、自分の肌に最適なアイテムを教えてくれるのは重要よね」とアドバイスしました。

美容ライターの筆者としても、『マジックリング』の隠れジミまで診断してくれる点、ツヤを見た目や感触など曖昧なものではなく、きちんと“数値化”してくれる点など、信頼のおける分析マシンだと感じました。

少し肌への不安が出てきた30代にとって、自分にピッタリのケアアイテムを選んでくれる画期的な肌測定マシンですよね! このマジックリングを使用する「クリアな素肌は、証明できるキャンペーン」が2月1日から全国のSK-IIカウンターで開始されるので、近くのカウンターで体験することができます。

 

終始ユーモアを交えながら会場を盛り上げた桃井さん。「年齢を重ねるのがかっこいいという文化が浸透していなかったり、60歳の女が若く見えることを“嬉しい”というのは悲しい話であって、60歳の美しさがベストと言えるのが理想。

そして30代でがんばると、40、50、60代が違ってくるんですよ!」と美容と人生の両方に通じる“桃井語録”を次々に披露し、女性たちの美容意欲を掻き立てていました!

 

【参考】

マックスファクター_SK-II