男性が喜ぶ目元になれる!薄め「アイメイク」のコツ4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中の男性は女性のメイクをどのように見ているのでしょうか?

20代〜40代の男性各100人を対象としたオリコンDD株式会社の調査によると、「女性を“美人”だと思うポイント」の1位は「透明感がある肌」で48.0%、続いて「作りこみすぎていない」で39.7%という結果に。

NGだと思うメイクについては、「作りこみ」が36.5%のほか、「アイメイク」18.3%、「つけまつげ」10.6%となり、やりすぎ感にNGを出す男性が多くなりました。

男性にとっては、ナチュラルな素肌感がポイントとなっているようですね。

でも素顔のように見せるメイクって、派手にするより繊細で難しいもの。中でも難しいのが、アイメイクの手法です。

つけまつげなどのアイテムは、男性が「やり過ぎ」と思ってしまうことも……。一方で、目をぱっちり大きく見せたいと思うのが女心。

そこで今回は、薄盛りメイクなのに、男性ウケするアイメイクのコツを、“おぐねー”の愛称でバラエティ番組などにも数多く出演しているヘアメイクアーティスト、小椋ケンイチさんに教えてもらいました。

 

■薄盛りメイクなのに男性ウケするアイメイクのコツ4つ

(1)忙しい朝の時短アイメイクのコツ

「時間がない朝でも綺麗に、かつ男性ウケがよいナチュラルアイメイクにするコツは、とりあえずビューラーでまつ毛を上げる。これだけでもおめめパッチリ!

その上にマスカラを塗る。 下まつ毛は目尻寄り1/3だけつければパッチリタレ目風になるので効果的よ」

(2)つけまつげの選び方と付け方のコツ

「買ったつけまつげをそのまま使用しないで。

つけまつ毛の目尻側を1cmほどカットしてから使うと、目のサイズにフィットするわ。ナチュラルに男性ウケを狙うなら、つけまつげのラインが透明のモノを選ぶことが大切ね」

(3)舞台メイクのように濃くならないアイラインを引くコツ

「まぶたのキワに太くラインを入れるのではなく、まつ毛の隙間を点で埋めていく感じ。細いアイライナーを使うと便利よ」

(4)綺麗にアイメイクするために必要な普段の目元お手入れのコツ

「もっと簡単にアイメイクをしたい場合には、まつ毛のエクステンションをしておくともっと時短になるわよ。まつ毛パーマもオススメ」

 

■お肌もきれいでメイクもうまい“美人美人”になる方法

上のアンケートと同時にオリコンDD株式会社が実施した、20~30代の女性2,000人を対象にした「美容に関する意識・実態調査」によると、「68.6%が自分の肌に不満を抱えているものの、この1年で新しい方法・アイテムを試した人はわずか21.2%」。

また、「スキンケアと同様、現状のメイクに対して 66.9% が不満を抱えているが、メイクを変えたり、新しいメイク方法・アイテムを試す人は少ない」ということが分かりました。

このことに関して小椋さんは、「これだけたくさんの情報が溢れていて、調べようと思ったらいつでも簡単に調べられる。

それでもわからない、できない人は、心もブスになっちゃってるわ。勉強して美肌を手に入れられれば、自然にメイクのテクニックも欲しくなるはずよ。

お肌もきれいでメイクもうまい“美人美人”はお勉強すれば手に入る時代なんだから。長く“女”続けないとネ」とアドバイスをくれました。

 

美しくなりたいと願うのは誰しも同じですが、お肌もきれいでメイクもうまい“美人美人”を目指すには、自分の“キレイ”に必要な情報を、しっかり集めることができるかどうかが大きなポイントになりますね。

 

【関連記事】

※ 「時代遅れメイク」卒業!古臭い顔を新しく見せる方法

※ メイクを長時間しっかりキープ!崩れない「一流テク」3つ

※ 今よりもっと「可愛い女」になれる!愛され顔メイクのコツ

※ あらゆる男性にモテる!流行の「薄盛りメイク」成功テク

※ ほんのちょっとした手間でOK!超簡単「化粧直し」テク3つ

 

【取材協力】

※ 小椋ケンイチ・・・ヘアメイクアーティスト。モーニング娘。や、熊田曜子さん、水川あさみさんをはじめ、女性芸能人のヘアメイクを多数手掛ける。憎めない毒舌とおネエキャラで、バラエイティ番組などテレビ出演でも人気を博す。テレビの他にも、ラジオや雑誌など様々なメディアで活躍している。