驚くほど簡単!「甘いもの」からサヨナラする方法6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐバレンタインですね。最近は、“友チョコ”も流行し、男性へ渡すだけではなく、女性同士でチョコレートを交換する人も多くなりました。2月はチョコレートを食べる機会が増えるかもしれませんね。

チョコレートには砂糖がたくさん入っているので、摂り過ぎはとても危険! 肥満や糖尿病・高血圧・心臓病などの発症にも関連します。「甘いものが好きで、ついつい糖分を摂ってしまう」という人は、摂り過ぎに注意してください。

でも、甘いものは簡単にはやめられませんよね。そこで今回は、“砂糖(甘いもの)依存から脱する方法”を、日本エステティック協会認定エステティシャンの筆者が経験ベースでご紹介します。

 

■1:デザートにフルーツを食べる

砂糖がたくさん入ったチョコレートやケーキなどを食べる代わりに、フルーツを食べてみてください。

ビタミンやミネラルを豊富に含むので、美肌と健康のためには砂糖入りの甘いものを食べるよりおススメです。フルーツでは甘味が物足りない人は、ドライフルーツでもOK。

よく噛むと甘味も増し、満足感を得られます。ただし、食べ過ぎないように注意しましょう。

 

■2:砂糖の代わりにフルーツジュースを入れる

紅茶に砂糖を入れる代わりに、フルーツジュースを入れてみてください。適度な甘みを感じることができます。

 

■3:バランスの良い食事をする

ご飯・魚・肉・卵・豆腐・野菜・海藻・きのこなど、バランスの良い食事を心掛けましょう。特に食物繊維を多く摂ると、「甘いものを食べたい」という欲求を抑えてくれます。

 

■4:ストレス解消法を見つける

ストレスが溜まると、つい甘いものに走ってしまいませんか? 甘いものでストレスを解消するのではなく、運動や読書、おしゃべり、音楽など、リラックスできる方法を自分なりに見つけてみてください。

ポプリやアロマオイルを持ち歩いて、たまに取り出して香りを楽しむ、というのもいいですよ。

 

■5:量を減らしてみる

いきなり、砂糖(甘いもの)を絶つのは難しいですよね。逆効果でストレスになってしまいます。無理なく、少しずつ量を減らしてみましょう。

 

■6:サツマイモを食べる

つい甘いものを食べたくなったら、サツマイモで代用してみるのもいいです。食物繊維も豊富で、一日の栄養バランスの崩れを防ぐこともできますよ。

 

日頃から、たくさん砂糖(甘いもの)を食べる習慣がある人は、すぐにやめるのはとても難しいですよね。しかし健康のためにも、ぜひ摂る量を見直してみてください。

たったそれだけで、体に良い変化が出ますよ。

 

【関連記事】

※ 意外とみんな知らない「砂糖」でシミができるメカニズム

※ もうコンビニお菓子は卒業!砂糖依存症を防ぐおやつ7つ

※ 4年以内に肥満になる?本当は恐ろしい砂糖入り飲料の実態

※ 恐怖!白砂糖とりすぎは太るだけでなく消化不良にもなる

※ 「甘い物がやめられない」恐ろしい砂糖依存症の実態とは