美髪のために知っておくべき「頭皮を健康にする方法」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に“美しい髪は健康な頭皮から”といわれていますが、みなさん自分の頭皮は健康といえますか?

頭皮の悩みは、ベタつきからフケ、かゆみなど様々ですよね。また、頭皮の状態は、本人が気が付かないうちに悪化していることもあります。中でも、“頭皮の赤み”は、本人では気が付きにくいトラブル。

ホーユー株式会社が20~39歳の男女計82名を対象にして、頭皮で生じているトラブルを観察したところ、赤みを生じている人は7割以上にも達していて、近年、頭皮の赤みはフケ(約2割)よりも多く見受けられることが分かりました。

頭皮の赤みは、健康な部分と比較して頭皮の水分が蒸散しやすく、頭皮のバリア機能 が低下している部分なんです。また、調査によって、頭皮に赤みのある範囲が広い人ほど、異常な毛根をもつ抜け毛が多いということも分かりました。

つまり、頭皮の赤みは、抜け毛を増加させる原因のひとつということ……。髪を健やかに保ちたいならば、まずは、頭皮の健康を意識する必要がありますが、具体的にはどのような対策があるのでしょうか?

 

■赤ワイン酵母エキスの効果

最近話題になっていて、頭皮ケアにおすすめなのが“赤ワイン酵母エキス”。

赤ワインを製造するときに使用される酵母“サッカロマイセス・セレビシエ”から抽出した赤ワイン酵母エキスが、頭皮の赤みの改善や抜け毛の減少にも効果があるといわれています。

ホーユー株式会社によると、赤ワイン酵母エキスを配合したシャンプー・ヘアトリートメント・頭皮用のローションを1ヶ月間使用して、皮膚の水分蒸散量や頭皮の赤みの範囲・抜け毛について調査したところ、頭皮のバリア機能が改善され、頭皮の赤みの範囲が減少したのだそう。

さらに、異常な毛根をもつ抜け毛の割合は減少し、抜け毛の本数も減少したとのこと。

頭皮の赤みで悩んでいる方は、赤ワイン酵母エキスを配合したケアケア剤を使うのもいいかもしれませんね。そのほか、“頭皮を健康にしてつやのある髪をキープする方法を3つ”ご紹介します!

 

■頭皮を健康にしてつやのある髪をキープする方法

(1)15分~20分のマッサージ

頭皮が硬くなると血行が悪くなるので、血液によって送り届けられている栄養が不足してしまいます。

すると、髪が細くなったり元気な髪の状態がキープできないのです。マッサージを15分~20分すると、頭皮の血行がよくなります。よりたくさんの栄養を頭皮と毛根に運んであげましょう。

(2)髪と頭皮にやさしいシャンプーを使う

最近では、ノンシリコンのシャンプーも多く見られるようになりました。シリコン入りシャンプーの是非はいろいろと議論がありますが、不要な成分が頭皮表面などに残ってしまうことがないよう、頭皮や髪にやさしいシャンプーを使用しましょう。

(3)デスクワークは正しい姿勢で

仕事中の姿勢、つい悪くなっていませんか?

自宅でも職場でも、パソコンで仕事をしている人は多いと思いますが、姿勢が悪かったり、休憩をはさまずに目を使いすぎてしまうと、首や肩の筋肉が緊張した状態が続くので、肩こりや頭痛の原因になってしまいます。

その筋肉の緊張は、頭皮を引っ張ることになるので、結果的に髪にも影響が及ぶのです。おへその下あたりに意識を集中させて、肩の力は抜きます。そうすると、自然と正しい姿勢が作られますよ。

 

このほかにも、頭皮や髪を健やかに保つためには体の中から改善する必要があります。インスタント食品は控えた方がいいでしょう。また、一日のうちでリラックスする時間をとることも髪には重要です。

毎日、少しでも頭皮をいたわってあげることを意識することで、健康でつやのある髪を手に入れちゃいましょう!

 

【関連記事】

※ あなたは大丈夫?いつも同じ分け目だと汚髪になると判明

※ 実は「加齢で抜け毛」は嘘!ブラシに毛が絡まる本当の原因

※ 表面だけキレイにしても美髪にはならないことが明らかに

※ え?現実「頭皮」!? ネーミングがスゴすぎるヘアケアたち

※ 豆乳が肌だけでなく髪の老化防止にも効果的な理由2つ

 

【参考】

※ 「赤ワイン酵母エキス」に抜け毛の抑制に効果があることを発見 – ホーユー株式会社