恐ろしいことに「眉間のシワ」は不幸の原因になると判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

考えごとをするとき、携帯電話を触るとき、パソコンに向かっているとき、ついつい眉間にしわを寄せがちですよね。

でも、眉間にしわを寄せる癖を直さず、ケアも怠っていると、眉間のしわは深くなるばかり。眉間にしわがあるだけで、見た目が怖い印象になり、見た目年齢も上がってしまいます。しかも、見た目に影響が出るだけでなく、心にも影響が出てしまうのです。

今回は、眉間に隠された秘密と、眉間のケア方法をご紹介します。

 

■実は眉間は神聖なポイントだった

インドの女性が眉間にビンディーというストーンをつけたり、仏像にも眉間に丸く白毫が印されていますよね。これらからもわかるように、私たちの眉間はとてもパワーを秘めた場所だと言われています。

眉間は体にあるエネルギーセンターの1つ。エネルギーセンターは、ヨガの考え方でも使われる言葉で、チャクラと呼ばれます。眉間は第6チャクラで、自分の人生の方向性や道しるべ、直感に関わるパワーを秘めています。

このチャクラがよくない状態だと、どうなるのでしょうか。

第6のチャクラが弱くなってしまうと、物事を解決することができなくなったり、困難を経験することの意味を見出すことができず、立ち止まってしまいます。つらいばかりの状態になってしまうのです。

 

■眉間のしわは老化と不幸の原因

眉間にしわを寄せる癖は、早く直した方がよいです。なぜなら、眉間にしわが寄っている状態は、第6チャクラが閉じている状態。つまり、第6チャクラがよくない状態です。物事を解決することができず、人生の道も開けず、気分も落ち込んでしまいます。

また人相学的にも、眉間のしわは悪相とされています。絵を書いてみるとわかりやすいですが、にこにこ笑っている顔の絵に眉間のしわを書き足すだけで、怖くて老けた印象になるのです。

 

■眉間のしわを改善する方法4つ

とにかく眉間のしわは、なんとかするべき! ではいくつか改善策をご紹介します。

(1)眉毛の上をマッサージ

思い悩んでしまうとき、イライラしているとき、仕事が行き詰っているときは眉間にしわが寄りがち。休憩して一呼吸おき、眉間のしわを伸ばすマッサージをしましょう。

中央にお肉が寄ってしまっているので、眉毛のすぐ上あたりを顔の外へ外へとマッサージします。この時、“かっさ”を使って行うとより効果的です。ない場合は、手をグーにして、人差し指の関節を使って行ってください。

少し力を入れて痛い方は、凝っています。毎日続けてみてくださいね。

(2)しわに対して垂直にマッサージ

眉間のしわは縦に入っているかと思います。そのしわに対して垂直につまみ、揉みほぐします。ついでに眉毛もいっしょにつまむようにマッサージすると、すっきりします。

即効性はありませんが、続けることで改善が期待できますよ。

(3)視力を測る

眉間にしわを寄せてしまう原因が、視力の低下ということもあります。度の合っていないメガネやコンタクトをしていませんか? 

度が合っていないと、無意識のうちに目を細めてしまったり、眉間にしわを寄せてしまいます。しばらく視力検査をしていない方は、一度眼科で確認してみてくださいね。

(4)サングラスを活用する

冬は夏よりは紫外線が少ないため、なかなかサングラスをかける機会がないかもしれませんが、車の運転中はまぶしさを感じて眉間にしわを寄せやすいです。

冬でも紫外線量はゼロではありませんので、ぜひ紫外線と眉間のしわ防止のためにも、サングラスを活用してみてください。

 

いかがでしたか? 毎日眉間のしわをケアして、若々しい顔と幸せを手に入れましょう。

 

【関連記事】

※ 残念なくらい「老け顔」になっちゃうNG行動5パターン

※ 老け顔に見られる「ひどい乾燥肌」を救う絶品コスメ2つ

※ 残念なくらい「老け顔」になっちゃうNGなドライヤーのかけ方

※ 老け顔の原因!美人を台無しにする「目のクマ」ケア3つ

※ 老け顔に見える「目元のシワ」を隠す最強メイクテク3つ