笑顔美人の必須アイテム「白い歯」になる超簡単テク6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸が大きい、脚が細い……など世の男性の女性の好みは様々ですが、世界共通でモテる女子の特徴は何だかお分かりですか? それはズバリ、笑顔が素敵なことです! いつもニコニコしていて素敵な笑顔をしている女性は、男性ならず女性としても魅かれますし、一緒に居ると温かい気持ちになりますよね。

そんな笑顔を作るために必須なのは、何と言っても“白い歯”です。歯が黄ばんでいると相手に清潔な印象を与えられませんし、自分自身も自信が持てずに上手に笑うこと出来なくなってしまいます。そこで今回は米美容サイト『Beauty High』から“白い歯の作り方”を、日常的にできる簡単ケアのみ抜粋してご紹介します。

 

■1:ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

これは基本中の基本ですね。やはり歯を白くしたいのであれば、毎日歯の表面についてしまうステインを取り除いてくれる、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用しましょう。

 

■2:デンタルフロスを使う

皆さんは毎歯磨き前にデンタルフロスを使っていますか? 歯と歯の間にある歯垢を取ってくれるフロスですが、実はその歯間のステインも取ってくれる効果があるんです。ですので、使用していない方はいますぐ取り入れましょう。

 

■3:色の付いた飲み物はストローで飲む

コーヒーや紅茶に緑茶でステインが付いてしまうと分かっていても、やめられない人は多いですよね。なので飲むときはストローを使って、できるだけ飲み物が口の中で回らないようにしましょう。ストローを使うのが難しい場合は飲んだ後にさらに水を飲んで、 着色した唾液を洗い流せば大丈夫です。

 

■4:食後にガムを噛む

もちろんこれだけで、食事で付いたステインを全て除去することは不可能です。が、それでもガムを噛むことでステインや汚れを浮かしたり、少々なら落とすことが可能なんです。さらに口臭も抑えてくれるので、気になったら噛めるように、いつでもガムを持ち歩くことをオススメします。

 

■5:青み系の赤リップをつける

実は青系ベースの赤リップは、黄色を白く見せる効果があるんです。反対にオレンジやブラウン系、コーラル系のリップは黄ばみを強調してしまうので要注意。

 

■6:生の野菜やフルーツを食べる

ニンジンやセロリ、リンゴなど歯ごたえのある生の野菜や果物は、歯の表面に付いているステインを取り除くだけでなく、唾液を刺激して歯を変色させる酸をも除く効果があります。食後のデザートをリンゴに変えれば、歯が白くなってダイエットにもなって一石二鳥ですね。

 

いかがでしたか? もちろん審美歯科や自宅でのホワイトニングケアなど、お金をかければ歯は白くなりますが、まずは手軽に歯を白くさせたいという方は、上記を是非試してみてくださいね。

ちなみに筆者は、とある国で2週間飲み物はお水しか飲めない状況でした。そして帰国してビックリ、歯が白くなっていたことがあります。コーヒーや紅茶好きの方は難しいかもしれませんが、可能な方は飲み物を全てお水にチェンジしてみる、なんてのもいいのかもしれません。

 

【歯シリーズ】

※ 誰も教えてくれなかった「危険なNG歯磨き」3パターン

※ 男は「歯を見せて笑う女が好き」!? 口元に関する男女の違い

※ 使うだけでモテる!? オシャレ美人が愛用している人気歯ブラシ

※ ジャンクフードは歯にも最悪!超意外な歯周病の原因3つ 

※ これは知らなかった…日本人の歯並び悪さは先進国最低!?

 

 【参考】

10 Essentials For: Whiter Teeth – Beauty High