誰もが気になる「口臭」をあっという間に消す方法6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と接するときに、気になることはありませんか? 肌荒れや化粧崩れ・体臭など……。いろいろと気になることがあるかもしれません。その中で、口臭も気になる一つですよね。

バレンタインも近づいていますし、いざというときのためにお口の中もキレイにしておきたいところ。

そこで今回は、マナー講師の筆者が実際にやって効果のあった“口臭”の悩み解消方法を6つご紹介します。今すぐできるものばかりですので、悩んでいる人はぜひ試してみてください。

 

■1:舌をキレイにする

舌の表面に付いた白い粉チーズのような物“舌苔(ぜったい)”は、口臭の原因になります。舌苔は、舌の表面に食べカスなどが付着したもので、特に、体調が悪いときや、お酒を飲んだ時に溜まりやすくなります。

適宜、舌ブラシや歯ブラシで優しく取り去った方が口臭予防になります。ただし、頻繁に過剰に磨きすぎると、逆効果。磨きすぎると、唾液の分泌が少なくなってしまいます。

また、舌を傷付けてしまう恐れもありますので、ゴシゴシ洗いすぎないでください。

 

■2:ガムを噛む

唾液分泌のためにガムを噛むのも良いです。唾液でたっぷり潤っていると、口臭予防ができます。

反対に、唾液分泌が減り、口内が乾燥すると口臭の原因になってしまいます。唾液は口臭予防だけでなく、食べカスや菌を洗い流し細菌の繁殖を防ぎ、口内を清潔に保つ働きがあります。

口内は赤ちゃんのように、たっぷりの唾液で潤っている方が理想。特にキシリトールは、バクテリアの繁殖を防ぎますのでおススメです。

 

■3:顎のストレッチ

顎を上下左右にゆっくり動かしストレッチをしましょう。唾液の分泌を促します。

 

■4:水を飲む

喉が渇いたと感じる時は、口内も乾燥している時です。口内の乾燥は、口臭の原因となるバクテリアの繁殖を促します。「喉が渇いた」と言う前に、適宜、水分を摂るクセをつけると良いですよ。

 

■5:梅やレモンを食べる

酸っぱいもので唾液の分泌を促すのも良いですね。お酢もおススメです。

 

■6:シナモンを摂る

ハーブの一種、シナモンには強い抗菌効果があります。これが、口臭予防につながると言われています。

水にシナモンスティックを入れ、約5分間沸騰させるだけでできる、超簡単“シナモンマウスウォッシュ”を作ってみてはいかがでしょうか。

 

重要なのは、口内を清潔に保ち、唾液の分泌を促すこと。

不規則や過度の緊張などでストレスが多い生活をしていると、唾液の分泌にも影響を及ぼします。規則正しい生活を送り、自分に合ったストレス解消法を見つけ、口臭対策をしてください。

 

【口臭シリーズ】

おはようのキスが拒否!? 寝起き口臭を発生させる人の原因3つ

食後のフルーツは口臭の原因!? やっちゃいけないNG食べ方

あまり知られていない「口臭予防できる意外な食べ物」5つ

ちょっと簡単すぎる?驚くほど手軽な「口臭を防ぐ方法」

実はおならを我慢しすぎると口臭や体臭がひどくなる!?