「食べても食べても満足できない」意外すぎる原因5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月はお正月やら新年会が続き、「体重が増えた」「食べ癖がついているのか、常に空腹を感じている」と言う人も少なくないでしょう。

そこで今回は、食べても食べても満足しない人必見! “ついつい空腹を感じてしまう原因5つ”をご紹介します。

 

■食べても満足しない原因5つ

(1)ストレスが多い

ストレスを感じた時は、空腹時と同じドーパミンをいうホルモンが分泌されます。つまり、ストレスを感じると、脳が錯覚を起こしてしまい、お腹がすいていなくても空腹状態だと錯覚を起こしてしまうのです。

(2)睡眠不足

睡眠不足になると、体に栄養を与えようとして、空腹を感じることがあります。また、満腹感を伝えるホルモン、レプチンの分泌が減り「まだ食べたい!」という錯覚に陥ってしまいます。

(3)喉が渇いている

喉が渇いている時は、空腹時と同じような感覚に陥ることが分かっています。

(4)食べ物を見る・においを嗅ぐ

食べ物の画像を見たりにおいを嗅ぐと、つい食欲がわきますよね。視覚や聴覚からの情報で刺激され、食欲が増すこともあります。

(5)周りで誰かが食事をしている

特に女性は、周りの同性の“マネ”をしまう傾向があります。周りに食事をしている女性がいると、ついつい食欲がわいてくるようです。

 

■お茶の力で空腹&肥満予防

食べ過ぎを防ぎ、空腹感を満たすためには、水分を摂ることも大切です。空腹を満たしつつ、ダイエットにも最適なお茶はいかがでしょうか。おススメのお茶はこちらです。

(1)ウーロン茶

中性脂肪の分解を活性するウーロン茶。ポリフェノールが脂肪分を吸収し排泄するので、ダイエットには最適ですね。同じように、プーアール茶もおススメです。

(2)スノーティー(雪茶)

チベットの高地で古くから飲まれている、スノーティー。脂肪分解力が著しく高いので、肥満解消やダイエットにおススメです。

(3)フェンネルシードティー

脂肪を燃焼しやすくする褐色脂肪細胞を刺激するので、痩せやすい体を作ります。ちょっとスパイシーなハーブティーですが、授乳中のママにも安心して飲んでいただけます。

 

日常生活にも、空腹を感じさせてしまう原因がたくさんあるんですね。食べ過ぎは、肌トラブルだけではなく、病気も引き起こしてしまう可能性があります。自分にあった空腹解消法を見つけて、美肌と健康を維持したいですね。

 

【関連記事】

※ だから痩せない!ダイエットが成功しない「NG習慣」25個

※ 超簡単!1週間で4.5キロ痩せられる「8時間ダイエット」

※ ズボラな人でも「たった8分で痩せられる」お手軽ダイエット

※ ブス腸に喝を入れて「正月太りした体を元に戻す」方法2つ

※ たった1週間でお金をかけずに2kg痩せるテクニック8つ